スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい締めくくり

 2月最後の今日。大安。
なかなか、月の締めくくりとしては良い日となった。

その1:今日、キャンプ場営業でネット予約導入を決めてくださったキャンプ場さんがいた。ありがとうございます!

その2:K●MON なんとか2月皆勤賞!3月もがんばれ自分!

その3:つい先日、わんわん工房へのお問い合わせがあり、明日お打ち合わせに行く!

パーフェクトではないが、継続こそ!、と思うことばかりである。

続きを読む

スポンサーサイト

「前例がない」・・・・

 ここ数日間で、何度か言われた言葉、「前例がない」。

断りトークの常套句になりつつあるこの言葉が、かなり憎たらしい。というか、ムカツク言葉だ。自分は言わないようにしている言葉を平気で言われるから、マスマス腹立たしい。

 ある地方銀行の東京支店への問い合わせ電話でのこと。
実家に住む父親名義の口座を作り、その講座に子供らが入金し、父親がいつでも引き出せたりするようにしたい。
個人情報がうるさい時代、しかも振り込め詐欺やら、偽称犯罪が横行している昨今、なかなか難しいのだろうな、と思いながらの問い合わせだった。

 最初、電話に出た(恐らく)若者はおぼつかない対応を示し、次に代わったのは、彼の上司であるらしい人。こちらの意図はかなりしっかり聞いてくれたが、でた一言は「しかしながら、前例がないんです」。

 それはわかるが、子供の口座を親が作るのはよくて、なぜ子供が親の口座を作ったらダメなのか?、何かそういったことを実現できそうな代案はないでしょうか?

 強気に出るのも気がひけて下手、下手に出たものの、相手は既に、前例がない、の一点張りに。挙句の果てには、東京支店で作った口座やキャッシュカードを実家で父親が使うのもおかしい、という反論までされ、さすがにぶち切れて電話を切った。

 これだから、地方銀行は!

続きを読む

旅“よろし” 涙の最終回

 思いのほか、3回シリーズ化してしまったエンゲル係数200%の旅。

唐津方面へ向かいながら、車中ではY娘(小学生)がその日の夕食の場所決めに余念がない。ガイドブックを見ながら、

Y娘「(お肉の写真をみながら)佐賀牛だって!おいしそう!ここは?」
大人達「予算は?」
Y娘「平均予算は4,000円だって!」
大人達「・・・・・。他は?」
Y娘「ここは?昭和35年創業のお寿司屋さん!おいしそうだよ!」
大人達「予算は?」
Y娘「5,000円!」
大人達「・・・。居酒屋でもいっすかね~」「居酒屋もいいよね」「そうそう日曜だしね、お店も閉まってるかもだし」

 すでにこの旅に出てからの我々の食欲は留まることを知らず、ガイドブックに表記される「平均予算」など、てーんでアテにならないことは身を持って知る大人達は、イタイケな小学生の要望を却下せざるを得ない。これが人生だと、学んでもらう他ないのである。


続きを読む

旅“よろし” 待望の後篇か?

記憶が定かなうちに後篇へ。今回からO嬢も参入である。

○3日目 久留米-長崎-唐津
 久留米の朝は早い。何故なら長崎に行くことを決めたからだ。
驚くほどチープなシティホテルのしかも朝食、夕食無料!の朝食はこれまでの暴食を改めさせるかのような、粗食だった。お味噌汁のミソがあまい、ということで九州に来たことを、また再認識する。

 長崎は、もちろん“ちゃんぽん”であるのだが、Y娘は小学生で、やはり長崎まで来たなら、原爆の恐ろしさを知らねばならぬだろう、ということで決まった。
 広島の資料館は高校の修学旅行で行ったきりだが、全く言葉が出てこない経験をした。どう感じたらいいのか、どう言葉にすればいいのかわからない、という感じで。キレイゴトは言えるような気もしたが、キレイゴトなど言っても意味がない、ことを肌で感じられる場所だ。そういう無言の訴えがある。もちろん長崎もだった。

 写真は事実を写しているし、何をも言えない。なんというか、早くその場を立ち去りたい気持ちが高くなったのはなぜだろうか?
 小学生と大人3人の4人は、あんまり言葉もなく平和公園に向かった。平和記念像を見よう!と。

 なんとそこに!!!!芸能人が!

続きを読む

旅 “よろし”   (なぜか前篇)

 「すっとこどっこい北九州のたび」
と名打った4日間の旅から今日、戻った。珍道中っぷりはボルテージがあがりまくり、すでに帰宅後、体重も2kgアップの状態である。

 おおまかにご紹介すると・・・

○1日目 羽田発-福岡。
約5年前に訪れた中洲の屋台が、事前ヒアリングで居酒屋に変わったということで、住所を頼りに歩くが全くその地へ行くことができない。その名も「テンヤマチ」。道行く通行人に聞くが、答えてくださる人すべての方向が異なり、結果として中洲に舞い戻る。掟やぶりの「屋台エリアマップ」を参考に、中洲の数少なくなってしまった屋台の中の一軒に飛び込み。今回の旅同行者のY娘と同じ名前で、笑顔がかわいい娘さんが薦めてくれるものを、ほとんど食べ、シメにはもちろん長浜ラーメン(しかし、替え玉なし!)。満腹中枢は既にMAX。

 ※悲しいことに、数年前川沿いにかなりならんでいた屋台はほとんど姿を消し、数件がところどころに。後で話を聞くと、居酒屋に転換したり、天神地区へ移動したりしているとのこと。川沿いは小きれいになったが、なんとなく寂しいものだ・・・

続きを読む

現場感


 2月に入った。
今月から、担当しているオートキャンプ場サイトのことで、全国“電話”行脚を、まず、開始することにした。本当は全部現地まで行って、見て、話せればいいのだが、まあ北海道から沖縄までを回ろうと思っても、時間もお金も必要なので、「まず」電話行脚を開始した。行脚予定は2ヶ月。1日10ヶ所を、まず目標にしている。

 キャンプ場もいろいろな管理形態になっている。
個人オーナーさんもいるし、行政管理、もちろん企業管理と様々。今は、そうはいってもシーズン的には閑散期なので、お話できる機会も思った以上に多い。

 いい話ばかりではないが、それでもいろいろなお話を伺える機会、と思えば、お忙しい時間を割いていただいていながらも、いろいろお伺いしてしまう。
 こちらも、若干、営業を交えながら、、まあ若干ではなく、かなりの営業トークなのだが、それでも一度もお会いしたことのないご担当者の皆さんは、声を頼りに想像してみるしかない。こちらも、好印象を残すような声を出してみたりする。まあ、できるだけ・・。

 とにかく、現場感を少しでも得たい。

 
 

続きを読む

訪問ありがとうございます
プロフィール

コワタリ ユミコ

Author:コワタリ ユミコ
青森県出身。

まだまだ好奇心を
増やしたい。

増やした好奇心で
行動したい。

行動したら、感動したい。

感動したら、感謝したい。

そういう46歳で
ありたい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。