スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気づいたこと inはこだて

函館うみねこ

北海道最後の土地、函館で気づいたことがあります。

いや、何を今さら?って感じでもあるんですが

「居酒屋」ってすごいっすよね~


「食いしん坊バンザイ」としては無意識、というか意識的に
ぶらっと歩いたところでの発見!を狙い

いや、自分の嗅覚を試したくて

例えば、ものすごく広告宣伝費を使っている、とか
口コミもののサイトで高評価のとか、
緊急の場合は除いて、
活用しませんでした。まあ、緊急っていつ?って感じもありますが。

時間がある、っていうことは急がなくてもいい、ってことなんで
かなり、ぶらついていく感じです。

函館でももちろん、そうしました。
滞在中、3件の居酒屋に行きました。

で、思ったんです!

いい~シゴトしてる居酒屋は、
いっぱいあるよ~


続きを読む

スポンサーサイト

ぼくらはみんな生きている

土方歳三像

函館は土方歳三、縁の土地です。
彼はこの土地で亡くなりました。享年35歳。

かなりの土方歳三フリークではないですが
司馬遼太郎著の「燃えよ剣」の土方を読んで以降
新撰組にも、土方歳三にも興味を持ったわけで。

せっかく函館なんで、少しまわってみようか、と。


土方最後の地碑

「土方歳三 最後の地碑」
一本木関門付近(現在の若松町付近)で、馬上で腹部に銃弾を受け亡くなったのを
最後の地として、碑があります。一本木関門もとなりに。

市の総合福祉センターの中庭(?)っぽいところに、ひっそりあります。

実は、ここは2度目。
なんですが、前回は雨、しかも一緒に行ってた友人たちは興味なし!
私だけ、ちょっと車を降りて、場所を確認したのみで1分も滞在せず・・・。

で、よ~く見れてなかったので、
中庭っぽくなっているのをいいことに、のんびりして
拝んで移動。

で、冒頭の写真。
土方の銅像は、五稜郭タワーの中に。

というか、五稜郭タワー新品です。
知りませんでしたが、数年前に建替えられてました。

しかも、五稜郭公園内も・・・

続きを読む

待てば海路の日和あり?

ちょっと、実際と前後しますが
小樽から函館に向かうことに。

その日、小樽は雨。そして、かなり天気も崩れる模様。
そういう日は、移動日にした方がいい、というのが
私の判断。

乗り継ぎが2回くらいで、夜には函館につきます。
なかなかの電車旅。

で、最初の乗り継ぎ駅。
くっちゃん駅

「くっちゃん」

グチアン?と読みそうになってました。
かわいらしい音です。

ここで、約3時間(!)待ちです。
すでに、待つことに全く抵抗感がなくなっています。
待つことも、旅人の使命です。

しかし、今日はこんな感じ・・・。

続きを読む

期せずして出会う

圧倒的な景色に
言葉も出なかったことは、何度かある。
が、何度もあるわけではない。


雨に見舞われた帯広から襟裳岬方面に向かった。
電車がないため、バスの乗り換え。半日がかりの移動。

覚悟を決め、お世話になった民宿を出て雨の中へ、そしてバス乗り場へ。

まずは、広尾というところまで、十勝バスで、
そのあとはJR北海道バスでの移動だ。

切符

硬い厚紙の昔ながらの切符。
思わず、にんまりしてしまう。

雨脚は強くなってはいるが、バスにのっていればいいから安心。
と、ひとまず広尾へ。約2.5時間乗車。路線バスなので、乗客の乗り降りも。
飽きたら、席を移動しながら、たまに寝ながら。

で、広尾に着いた。ふ~。
で、1時間くらい待って、えりも方面行に。

おっ、なつかしい感じ?
ストーブ

そんなストーブに気をよくしつつ
おんぶお化けたちを、よっこらしょ、と降ろし
椅子に座ると、そこに、窓口のおばちゃんがやってきて
「どこに行くの?」と聞いてくる。

「えっと、えりもの方に。12:30の出発のバスで」

「ああ、実はね、雨と風でねえ、ナントカ道路(聞き逃した)が通行止めになってて、バス出ないのよ~」

「えええええ、まじですかあああああ」

窓口のおばちゃん曰く
もう一本(17:00発)のバスも、出るかどうかはわからない。

窓口のおばちゃん曰く
ここには、無線が入ってないから、17:00まで待ってみて、
来たらラッキー?

窓口のおばちゃん曰く
どこから来たの?東京!あれ~大変だねえ
って、全然大変そうな雰囲気では言ってない・・・。

一分間の思考停止。
そして・・・。

続きを読む

すべては現場でオコッテルんだ!②

帯広駅 木

さて。

ぬれ鼠になりつつ、バスをふたあつ乗り継いで到着したのが
「トスカチーナ」。

柳月のカフェレストランです。
イタリアのトスカーナ地方と十勝(トカチ)を合わせて、トスカチーナ。

・・・・。

駐車場は車でいっぱい。
時間は、14:00くらい。ランチタイムはすぎてるんだけどなあ・・。

お店に入ると、左手は柳月のお菓子が販売されていて、
右手がカフェレストラン。

少し、待って案内されたのは2F!
2Fもあるんだ!すっごい!

確かに、席はほぼ満席。そして、95%女性!
うーむ、たぶん、ここは人気があるにおいがする・・・。

そこで、私がオーダーしたのは!

続きを読む

すべては現場でオコッテルんだ!①

夕日釧路~帯広


柳月」という会社があります。
私は、で知りました。

柳月 5つの誓い
私たちはお菓子を通じて家族の絆を結び人と人との心を結びます。
 1.私たちは、心を結ぶ団欒をお手伝いします。
 2.私たちは、心を結ぶお菓子をつくり続けます。
 3.私たちは、心を結ぶ、接客・サービスを行います。
 4.私たちは、地域社会と心を結びます。
 5.私たちは、心を結び、幸せを目指します。


本では、創業以来、ずーっと増収増益であること、地元密着であること、
そして、柳月のこの5つの誓いにもとづくエピソードが紹介されています。

ホームページから、お話が伺えないか問い合わせをしました。

こういうビジョナリーな企業には、ちゃんと風土が根付いていて
そういった風土形成には、おそらく実行部隊の総務(スタッフ)の
徹底した施策があるんじゃないか?という仮説のもと、
総務担当の方とお話したい、という主旨でした。

もちろん身勝手な内容ですから、
丁重にお断りされました。(→網走やさぐれウォーキング参照
しかし、ぜひ店舗へお寄りいただきそういうものを見て感じてほしい、と。

帯広に着いたら、実行することに決めてました。

そう、すべては現場なんだ!

続きを読む

食欲注意報

北陽高校①

北陽高校②

私の母校です。

ウソです。すみません。
私が高校卒業後に最初に働いた会社の同期Mと
その新人時代、お世話になった先輩Aさんの
母校です。

釧路北陽高校。
間違っていなければいんですが・・・、サービスショットです。

釧路に来たので、行ってみました。
学校の校舎も久しぶりで、しかも外には全くひと気のない状況で
写真を撮るのも、結構、勇気がいります。

だって、絶対怪しいもん!

なので
サービスショットはここまで。たった2枚ですけど。


で、ここからが本番です!
知床慕情から、実は『くいしんぼう満載!』そんでもって
『万歳!』

釧路まで続きますヨ。

続きを読む

知床慕情

知床連山

知床連山、キレイです。

「斜里」は駅名が「知床斜里」に。10年以上前に来た時とは全然違います。
斜里駅

こぎれいになってました。

そうか、世界遺産になったから?

駅構内には、インフォメーションセンターがあって
ひとつ質問すると十は応えてくれる地元の方がいらっしゃいました。

はい、本当に一聞いたら、十返ってきます。
新入社員の皆さんは、ぜひ、見習いましょう。


で、なんでここに、これが?!

続きを読む

しゅわぁ しゅわぁ

網走看板

網走に入ってます。

実は、
会いたい、というかお話を伺ってみたいところにコンタクトを取ったんですが
玉砕・・・。がびょーん。

で、やさぐれてました。ハイ。

でも、天気がいい!っていうんで、金曜日ですし
ウォーキン(金)グ・デイ!

ウソです。
とにかく、やさぐれ気分を晴らそうと、歩けるとこまで
知床に向かって歩こう!みずたまこ

10km歩けることは、確証済みですから。
オホーツク海沿いを歩こう!と。

網走景色

快晴です!遠くに薄ーく見えてるのが知床連山(らしい)です。

続きを読む

ムラのイチ事業とか・・・

カツゲン

『カツゲン』

北海道にしかない乳酸菌飲料だそうで。
「はるき茶屋」の親父さんに聞いたので早速、入手。

ビックル?みたいな味。で商品名で、なんとなく元気も出て
しゅっぱーつ!

今日は、どこに停泊するかを決めていない・・・。
前日、車中泊で凍えていたためである。

紋別付近までの間で、と仮決めしてとりあえず南下。
利用できるすべての情報網を駆使し、移動中に宿泊先目途を。

名寄(ナヨロ)駅周辺でいいか、と決め
充電が切れかかった危うい携帯電話で、宿を予約する。

すごいねえ、今は。携帯でなんでもできちゃうねえ。
感心するも、
携帯操作不得意の私自身も、やる気になれば
携帯から宿予約できるんだ!と
鼻息も荒くなる。

わっはっはっは。わっはっはっは。

で、名寄駅に到着。
さて、お宿は・・・・と、外に出てみる。

何もない!つうか、よく施設情報を見ると・・・
「西興部」バス停からすぐ、とある。

サイコーベ?っていうとこまでバスか。
ふ~ん。じゃあ、時間調べよっと。

駅に戻り、駅員さんにバス時刻表をもらう。

と、
【゚Д゚】ハァ?!

続きを読む

♪なめたらあっかっんっ~♪

やってきました!最北端づくしの、稚内。

王さんとはお互いの旅を励まし合った後、駅でお別れ。
私はレンタカー屋に。
少し、新しい試みです。
宗谷岬に行って、周辺をぐるーっとしたい。
で、ちょっとレンタカーにしてみました。

で、来ました!最北端。

宗谷岬



でも、サハリン見えません!がっちょーん。
天気いいけど、風があって時化(しけ)ってます。

なので、代わりに見えるはずのもの。

サハリン碑


間宮さんもいたので、撮らせていただきました。
間宮林蔵


で、
♪なめたらあっかっんっ~♪

天童よしみがCMで唄ってたんですが・・・。

続きを読む

若者たちよ・・・

あしたのジョー

あしたの城

先日、お世話になったサロベツ原野のお宿です。

旭川から、留萌(ルモイ)へ移動し
念願の「沿岸バス」に乗って、日本海沿いを登った次第。
で、稚内までは進まず、途中の豊富(トヨトミ)から
サロベツへ。

ちなみに、「あしたのジョー」と読むんです。

「あしたのジョー」のファンだから?
まあ、そういう世代だから、ということと
一度聞いたら、忘れないおもしろい名前にしたかった、とか。

地元の方かと思ったら、どちらからか流れていらっしゃったらしいご主人。
北海道の魅力にハマったおひとりのようです。


まったく季節はずれだったので、客は私ひとりか、と思っていたら
もう一人。

サロベツ探索から戻ったら、到着してました。

王(ワン)さん。台湾からやってきたそうで。

続きを読む

振り返ってみましょうか

旭橋からの大雪山

旭川です。
写真は、旭橋(北海道遺産)から見える大雪山(のはず・・・)。

北海道も道南からすこしづつ、春が北上中。
私も、これから北上するのに、情報の準備と、ココロの準備をと
地図と時刻表とをにらめっこしながら、
どこまで進もうか、どこで停泊しようかの思案中。

油断すると、泊まるところもないはめに。
まだ、冬期間でやってないYHやライダーハウスがほとんど。
もちろん、キャンプ場もね。

続きを読む

植松努さん

ワッペン


優しい瞳の奥に、炎が見えるほど強い眼差しでした。

植松努さん
前にも記事にしましたが、「今、会いにいきます!」な人、トップ1エントリー中でした。


「ぜひ、どうぞ、ということですので」

突然の怪しい電話に対応してくださったKさんからのお電話に
踊り狂ったことは、言うまでもありません。

それこそ、全国各地をまわっていらっしゃる合間の
たった1日の赤平での貴重なお時間をいただくのです。

数日前から、どんなことを聞こうか考えて
メモしていったのですが・・・・

実際は、舞い上がって、話はあちゃこちゃに飛ぶは
興奮してタメ口利いてるは・・・ハハハ(-_-;)

続きを読む

鋭気と食い気を養って・・・

クロッカス

ここ数日、札幌に滞在中。

会ってみたい方がいて、北海道に先に来た。
アポなしで行ってみようかとも思ったが
さすがに、ご多忙な方であることをブログでも確認していて
いったん、とりあえず電話をしてみよう!と
昨日、朝に電話。

やっぱりご本人はいらっしゃらず、
電話した旨、お会いできるようならあってお話したい旨、
お電話に出ていただいた方に、必死に説明する。
かなり、怪しまれないように、いや、怪しいと思うが
とにかく、恐縮しながらも、会って話してみたいことを切実に伝える。

で、とにかく木曜日の朝に、電話しますから、と。
ご対応いただいた方がいったんお話してくれるらしい。

結果、都合が合わない、と言われるかもしれない、
けど、まあ、ソレはソレである。

宿泊先に延泊を依頼。

ふ~、余裕ができちゃったな。

続きを読む

『旅の女神』のこと

フェリー

苫小牧行きのフェリーの中で。

おんぶお化けに石化していた私は、
私の体の幅には合わないであろう狭さのマットレスに
ナダレこんでいたわけです。

が、翌日には苫小牧に着いてしまうわけで
ちょっとルートを考えようとして、北海道の地図を開いていたのです。


「北海道、旅行されるんですか?」

寝っ転んでいた私の、隣の女性が声をかけてきました。

「はい、あっ、というか、国内周れるところまでは周ろうと思って・・・」

「いいですねぇ。どのくらい?」

「まあ、やれるところまでなんで、まあ、半年とか一年とか。
でも、決めてないんですよ、なーんにも。ハハハ(弱い笑)」

「それが、旅ですよ!決めてないから、旅なんですよ」

「ですよねえーーー」

急に、石化からテンションアーップ!絵文字名を入力してください

続きを読む

やっぱり一歩

36号線

昨晩、急に「やればできる!」と思いこんでしまったため
今朝は、早起き。7:30に出発である。

「思い込み」というのはスゴイ、ものである。
まあ、約30km。8時間くらい歩けばいける!かなりやる気である。

ルートはメジャーな36号線を選んだ。

とにかく歩けばいんだな!と。

調子よく歩いていた。2時間はあっという間。
いけそうだな、なーんて思ったのも束の間。

3時間を過ぎた頃、背負っているおんぶお化けが
重い・・・っつうか、肩に食い込んでくる。
気のせいか、足も重い・・・。

っていうか、お前、こんなに歩いたことなんて
ねえだろーーーーー!


続きを読む

すでに、苦境・・・

苫小牧


今、苫小牧です。

いきなりですが、北海道上陸作戦、ひとまず成功がんば

長かったようで、
短かったようで。



イルカ

大洗(茨城県)港からフェリーに乗りました。
当日でも、予約なしで乗船できるような季節。
でも、エコノミー(二等席)は、ほぼ満席なので、ご了承ください・・・
と、言われ、

まじで!(トラックの)おっちゃん達とギリギリ(?)!!!!!

ドキドキしてましたが、
指定のお部屋にいったら、女性&ちびっこがいっぱい。

「ふ~」とひと安心。  

で、私の体にはせま~いマットレスになだれ込む。

バタンキューとはこのこと。

続きを読む

ブログ リニュアル中

改良中です。

しばらくお待ちくださいませ。

顔文字1(背景黒用)

さくら すごい!

昨日は入社式!

って、私には関係ないんですけど、まあ出陣式。

東京での生活最後(!)の贅沢で
しかも、1日だから映画の日で
しかも、水曜日だから

とってもリーズナブルに映画鑑賞できるわけで
行ってきました。

ホノカアボーイ

続きを読む

訪問ありがとうございます
プロフィール

コワタリ ユミコ

Author:コワタリ ユミコ
青森県出身。

まだまだ好奇心を
増やしたい。

増やした好奇心で
行動したい。

行動したら、感動したい。

感動したら、感謝したい。

そういう46歳で
ありたい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。