スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【続編】ブラジル 再び?

ということで、前代未聞への腹痛カウントダウンが始まっていたが
その前に、イグアスの滝。

ボリビアよりブラジルに渡る。
イグアスの滝の近くにホテルを、と確か忘れもしないブルボンホテル。

夕食が開始時間に始まらないホテル内のレストランの隣のバーで、
先輩と一杯。ジンしか入ってないんじゃないか、と思われるジントニックと
先輩は、しょっぱい塩が、たーんまりのっている、ソルティードッグ。

既に濃厚なブラジルの酒にやられ、慣れないワインも飲んじゃって
ディナー後は、陽気に当時の勤務先に、コレクトコールで電話したり。

翌日、日系3世のマルコさんにキャッチされ、タクシーでイグアスの滝へ。

当時、国立指定公園になっていたので、滝の中心部へ行くまでもかなり歩き、
しかも前日の大雨で、遊歩道になっていた橋が決壊し、ボートで滝の落ちるところへ。

確か映画「十戒」のロケで使われたといわれているその滝は、
言葉が出ない。
ナイアガラの滝も見ていた先輩は、「ナイアガラなんか目じゃない」と言い無言。

さすが日本の裏側にはスゴイものがある、と思った次第。

日系三世のマルコさんの親切は、ここでは割愛するが、無事、イグアスの滝も目に納めた
我々は、サンパウロへ。

ここで、カウントダウンが始まる。

サンパウロに着いてすぐは良かった。夕飯も食べ、じゃあ明日は帰国だね、と言っていた
ホテルでの朝方・・・腹痛で目が覚める。嘔吐が激しくトイレになんどもいく。

こういうときは正露丸!とすぐに飲んだが、翌日まで痛みは治まらない。

とは言っても、日本人街に行っておみやげを買う予定だったためチェックアウトし
向かうものの、途中で道端でへたり込む。

ミネラルウォーターが全く手に入れられず、先輩が「病院に行こう!」とジャッジ。
タクシーを広い、「地球の歩き方」で日本語の通じる病院を指差し、「ここに!」と。

運転手は意味不明、なぜなら全部日本語だから。

気のきく運転手は日系人らしい人をみつけ、「通訳してくれ」と頼み、無事、病院へ。

しかし、その病院がまた、恐ろしい場所だったのである。

やっぱし、続く・・・

































スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

遅くなりました!

アップしました!

NoTitle

続き・・・待てません!
訪問ありがとうございます
プロフィール

コワタリ ユミコ

Author:コワタリ ユミコ
青森県出身。

まだまだ好奇心を
増やしたい。

増やした好奇心で
行動したい。

行動したら、感動したい。

感動したら、感謝したい。

そういう46歳で
ありたい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。