スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【いつまで続く?!】ブラジル、再び・・・

腹痛のまま、4月にはいっちゃいました。桜満開です!すみません!


さて「日本語が通じる病院」。
確かに通じたと思う・・・。が微妙なニュアンスをうまく、伝えられない。

若い女医さんが聞く。「どこが痛いですか?」

私「どこって、こうこの辺?(とへその周辺指差す)とか、下の方とか、全体的というか・・」

女医「どのような痛みですか?」

私「どのように、ってキリキリというか、シクシクというか、とにかく痛いんですよ」

女医「・・・・・」

私「針で刺すように痛い・・・」

女医「・・・・・」

私「とにかく、痛いんです!(涙目)」

女医「・・・・(数秒、いろいろな書類に何かを書いて)、
   大丈夫です!コレラではありません!」

私「コレラだったら、日本に帰れないっつうーの!(ココロの叫び)」

診断が危ぶまれる。




その後、もっと若い白衣も着ていない看護婦さんであろう女性が現われた。
点滴をするという。

私は昔から血管がなかなかでなくて、注射の時、難儀するのだが
その看護婦さんモドキは、なんども、なんども針を刺し、
左腕がだめなら、右腕。なんどもなんども、、そして、なんか落としてるし・・・。

この熱帯の国で、コレラ発病する地域で、もしかしたら消毒されていない
注射針で点滴されて、私はここで、死んでしまうのではないか・・・・?

既に、腹痛と吐き気と、通じない日本語にダメージを受けてしまった私は
もう、看護婦さんモドキになんの抵抗もできず、なされるがまま。

最終的には左手の手の甲に点滴は刺され、小一時間ほど
先輩はその間に買い物してくるから~と出かけていき、ひとりベッドに横たわりながら
点滴の効き目がよかったのか、寝てしまった。

起きたら、点滴も終わっていて、先輩も戻ってきていた。

驚いたことに、腹痛はまったくなく、吐き気も失せ、なんかちょっと復活?

正確な日本語を話す女医さんが言った。

「原因は飛行機の中で食べたチキンのから揚げです。
恐らく、古い油を使っていますので、旅行の疲れと重なって
お腹が痛くなってしまったのでしょう。

もう、大丈夫ですよ。コレラでなくてよかったです」

本当にコレラでなくってよかった!
針を刺すのに難儀していた看護婦さんモドキも、ニッコリと笑顔で
「Take care!」と言って送り出してくれた。

オブリガード(ありがとう)!ブラジル!

実際、本当にあの点滴は効いた。まさに元気満々に復活してしまった。
その分、A先輩が空港でダウン。私は張切って、リコンファームせずに
チケットがうまく予約できないところを、カウンターで戦った!

女医さん推定の古い油を使ったチキンのから揚げが機内食だったのは
バリグ航空。イグアスからサンパウロへの移動に利用した。

しかし・・・。
疲れたから私の分も食べていいよ~、とA先輩の機内食分も食べて
しまった私は、油にあたったというよりは、食い意地が張りすぎた、という
顛末である。


大変、長々とつづってしまったが、
早朝の激的な腹痛は、そのブラジル顛末を思い起こさずにはおらねなかった
わけである。

おしまい。

最初から読みたい方は
http://kowatari.blog65.fc2.com/blog-entry-115.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

地球の裏側で死ぬんだな~と。本気で思った。
食べすぎ注意!

でも、今回の腹痛は食べすぎじゃあなかったんですけどね・・

NoTitle

ふぅ~、お陰さまで満喫しました v-218

海外でダウンすると、たまらなく心細くなるんだろうなぁ。点滴がすぐに効いて、良かったです
訪問ありがとうございます
プロフィール

コワタリ ユミコ

Author:コワタリ ユミコ
青森県出身。

まだまだ好奇心を
増やしたい。

増やした好奇心で
行動したい。

行動したら、感動したい。

感動したら、感謝したい。

そういう46歳で
ありたい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。