スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイデアメーカー

適職診断をした。
アラフォー(around40)で、適職もクソもなさそうだが、ネットサーフィンで
目を引いたのでクリックしてみる。

20問の質問に答え全部で3分くらいで終わる。
人生もこんなに簡単に決められるんだったら苦労はないヨ、
などとココロでグチを言いながら進める。

で、診断結果が出た。

『あなたは「アイデアメーカー」タイプです』

おっ、いいじゃん!
基本的性格
あなたを一言で言えば「アイデアメーカー」。斬新なアイデアをポンポンと生み出すような、
想像力あふれる人です。また、サービス精神も旺盛で、みんなと一緒に楽しみを分かち合うことに
よろこびを感じます。自分のアイデアを、人を楽しませることに生かすことができれば、このうえない
充実感を得られることでしょう。しかし、周囲と良い人間関係を築きたいあまりに、自分の感性を
封じ込めてしまいがちな一面も。人と合わせようとして想像力を制限するより、オンリーワンを
目指す方があなたらしさを生かせるはずです。


へー。

潜在能力特性
斬新なアイデアで人より先を行くタイプですが、一歩下がって人をサポートすることもできる人です。
相手のメリットを考えて行動するという一面を持っているので、縁の下の力持ち的なポジションでも
うまく立ち回ることができるでしょう。
相手の状態をふまえた上で、適切なアドバイスをすることができます。

ふーん。


フィットする職業
第一位 メイクアップアーチスト・・・自分が化粧しませんが・・・
第二位 インテリアコーディネーター・・・住宅営業はしたことありますが・・・
第三位 フラワーデザイナー・フラワーコーディネーター・・・花屋はやりたい!と思ったことあるかな

・・・・・・・・。

昔から思っていたことなのだが、
適職診断の「職」の部分の打診は、余計なお世話ではないか?

かえって、視野をせばめてないか?

診断で、自分の傾向を知ることは、とってもいいと思うのだ。
自分がどんなことに、喜びを感じれるのか、ということを知っておくことは
どういう働き方ができるのか、を知ることにつながる。

何をするか、が問題ではなく
どう働きたいか、が問題。

と、ケチをつけても意味がないな。
こういうのを参考にして、職を選ぶ人たちだって大勢いる。

っていうか、
アラフォーにもなって、適職診断なぞやって、
ケチをつけている私もどーかと思うが。

20歳前半のとき、転職を考えて転職雑誌を買っていろいろ見ていたが
ピンとくる会社も職種もなかった記憶がある。

バブルがはじけて久しい頃で求人数も激減していた。
掲載されている社数も少ない、薄い求人誌しかなかったと思う。

「私が求めているシゴトはこの世にないのかも?」
「こういう求人誌に載っていないシゴトはどこで探せばいんだろう?」

若さゆえの浅い考えではあるが、
基本的性格は変わっていないであろう私は
やっと、求人広告に掲載されない、適職診断の職にも出てこない
斬新なアイデアをポンポンだし、そのアイデアで人を楽しませるようなシゴトを
しようとしているのかな?

アイデアメーカー 炸裂させねば!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問ありがとうございます
プロフィール

コワタリ ユミコ

Author:コワタリ ユミコ
青森県出身。

まだまだ好奇心を
増やしたい。

増やした好奇心で
行動したい。

行動したら、感動したい。

感動したら、感謝したい。

そういう46歳で
ありたい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。