スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行ってきました!NY たぶんその1

女神

もう王冠のところまでは登れなくなっちゃったんですよ。
9.11以降。

台座のところまではいけるんですが、予約が必要らしんです。

2000年には、余裕で行けたんですけど・・・
不自由の女神になってました。

観光にはグッドシーズンなせいか、リバティ・アイランドへのフェリーも
移民船のように混雑していて、なんだか、不思議な気持ちになりました。

インド人が多かったです。とっても。

今回は、友人がゴスペルを聞きたい、ということで
ハーレムエリアにも出向きました。ツアーではなく、見学受け入れしてるところに
直接いくのです。

グレイター・リフュージ・テンプルに行きました。日曜のミサを見させていただくわけです。

私はそもそも、信仰心も薄い、ちっぽけな日本人だと自覚しているため
このように、信仰心を強く持つ人々の集まる場へ足を踏み入れるのに
非常に、抵抗があるわけで、もう、本当に、恐縮です、という気持ちで
足を踏み入れました。

後ろの方でいいです、いいです、と言ってみましたが
強制的に見学者は来た順に前から座席に収められます。

ハレルヤ!
と繰り返されるその言葉は、実際どういう意味があるんだろう?
と、そもそも論を頭の中で展開しながら、
すべての人が語る「he」は、神のことなんだ、とか。

感極まって途中で歌うことができなくなった女性がいたのですが、
この感情の高まりは何に対してなんだろう?とか。

いろいろ考えちゃってはいたんですが、
ゴスペルは圧巻・・というより歌うすべてが圧巻。

それは、まさにソウルフルで、感動というちんけな言葉では
おさまらない、伝わってくるものがありました。

ミサのおじゃまになったかもしれませんが、
ほんと、聞いてよかったです。ありがとうございました!

もうひとりの友人は黒人率が高いことにびびって、
入る前は早くこのエリアを去ろう去ろうとしていたのですが、
帰りには、ちゃっかり外で写真を撮ってもらってました。

そういう場所です。
教会はとにかく、神聖で厳粛な場でした。
それだけで、少し、気持ちがキリリとできました。

そのキリリさは、あっというまにくずれるのですが・・・。

(やっぱり)続く・・・。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

imano さま
ご無沙汰してしまってすみません。
3回くらいNY特集でいこうと思います。
ありがとうございます。

No title

お帰りなさい。
ブログ更新待ってましたよ。ニューヨーク紀行文、楽しみにしてます。
訪問ありがとうございます
プロフィール

コワタリ ユミコ

Author:コワタリ ユミコ
青森県出身。

まだまだ好奇心を
増やしたい。

増やした好奇心で
行動したい。

行動したら、感動したい。

感動したら、感謝したい。

そういう46歳で
ありたい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。