スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「エコ」の話

エコばやりである。

なんでもかんでも「エコ」になっているっぽい。
「エコ」とまたしても短めの言葉になっているが
もとは「エコロジー」=人間も生態系の一員であるとの視点から、人間生活と自然との調和・共存をめざす考え方。(辞書より)
であるらしい。

たぶん、ずーっと以前からあった言葉だとも思うが
北極や南極の氷がとけ始めてきて、結構、気ぜわしく
使われるようになったと思う。

いや、言葉として使われるのは問題ない。というか
どーでもいい。

要するに行動に移しているのか?という点に限る。

まるでヒトゴトのように書いてもいるが、
北極と南極の氷が全部とけたら、今、私が住んでいるところは沈む。
確実に沈む。

というか、そもそも温暖化を止めること自体
もはや、できないのではないか?

水中生活を人間はし始めて、というか強いられて
もう一回、生物体系をミジンコとか魚から始めるような
生態系が繰り返されたりして・・・

妄想でもあり、SFでもある。

とのん気なことは言っていられない状態でもあるらしいが
もう、地球規模的な対策を誰も、どこの国も打てそうにないので
個人レベルに、対策はゆだねられている、とも言える。
海に沈んでしまう国がある。
もう、いろいろマスコミに登場しているのでご存知だろうが
「ツバル」という島国だ。
地球温暖化の最も被害を受けるところとして浮上している。

が、そもそもツバルが最初、というダケの話で
その後もどんどん沈んでしまう場所は増えるハズだ。

トウキョウもたぶん。

温暖化の速度をもしゆっくり目にさせられて
その間に海中に沈む問題に対しての解決策を
とにかく、今から手を打たないといけないハズだ。

私は、と偉そうには言えることはない。
強いて言うなら・・・。

まったく持って、時間の問題だが、まだエアコンをつけていない。
やせ我慢の範疇だ、と友人から言われた。

まさに、やせ我慢だ。
「ザ・我慢」の世界だが、とにかくできるだけエアコンをつけない!と決めたので
あまり部屋にいないようにする、とか部屋に帰ったら、すぐにお風呂であったまって、
すぐに布団に入る、とか。

個人レベルのエコは、とどのつまり、「やせ我慢」をすることなんじゃないか?


「やせ我慢」。
かっこ悪いイメージがつきまとうが、地球レベル的には
行動に移せている「エコ」なんだ!

と言い切って、私はどこまで「やせ我慢」を続けられるのか?

「やせ我慢」で、ツバルが海中に沈むことを数時間でも延期できるんだ!と思えば
案外、続けられるのかもしれなし・・・。


※新しい「やせ我慢」ネタは、また次回。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問ありがとうございます
プロフィール

コワタリ ユミコ

Author:コワタリ ユミコ
青森県出身。

まだまだ好奇心を
増やしたい。

増やした好奇心で
行動したい。

行動したら、感動したい。

感動したら、感謝したい。

そういう46歳で
ありたい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。