スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打ち込めちゃうんだよ! 続編

前回の続き。もうひとつは、社会人になってから。

18歳で入った会社を7年ちょっとで卒業し、
その後、ニュージーランドで放浪。
残金が少なくなっていたり、友達が結婚することだったりで
7ヶ月で帰国。

さあ、また東京で働くぞ!と思った矢先。
父親の入院&大手術が決定。

手が空いているのは、もちろん私だけの状態で
しぶしぶ、というか今後の自分の未来に
断腸の思いで緞帳をおろし、実家へ。

ふと、「長女である」ことを自覚してしまった私は
もう、東京には出れないかもしれないなぁ、と
覚悟して実家に戻った訳だが、その時考案したのは
「50歳で再上京するぞー!おおおお!」と
ひとり、ココロの中でかけ声かけてた。

つまり、50歳までは実家で親の面倒なり、
長女としての務めなりを果たせば、それ以降は
また(?)勝手をやらせてもらってもいいだろう、と。

緞帳をおろした寂しさを、
なんとか天性の楽観主義で乗り切ろうとした、
一応の決意でもあった。

初期の頃はよかったんだ。たぶん。
父親の入院も、大手術もどうにかなり
その合間に、心配過剰のこれまた、体が弱い母親が入院したり。

毎日、父親の病院と母親の病院をかけもちし
それでも、自分の収入も必要と、週に数日コンビニでバイトしたり
中学の同級生の事務所でバイトしたり。

コンビニの時給が510円だったのに、むしろビビッタリ。

これらもまあ、新鮮な体験というか初めての体験で、
ちょっとばかり、今までの親への恩返しを
ここでまとめてしちゃおう!的な、

しかも、親戚の皆様には、
居てくれてよかった、的な
ニュージーランドへ旅立つ時とは、雲泥の差コメントをいただき、
まあ、打ち込んでいた、というか
「やってやれないことはないんだなあ」なーんて、
思ったりもしていた。


が、しかし。

両親もそれぞれ、無事退院し、年月が経ち、
いろんな意味で心配が減ってきた頃。
私は、ささくれだっていた。

親にもあたるようになってたし。。

50歳までなんて、待てねえよ!
でも、また東京いく!なんて「長女」的にどうなの?
でも、このまま実家に居ても、全然ダメだし。
っていうか、実家から出たくて、下宿もしたし、東京にも出たのに。

うーん、うーん、うーん
うなっていた頃、前職の先輩だった方が起業したばかりで
ヒトを求めており、お誘いを頂いた。

「渡りに船!」とその日の晩に両親に告白。
というか、もう親に許可をもらう年齢でもなかったから
「東京に出ます!」宣言のようなものだった。

2年半。それが実家での充電というよりは、充電しすぎで
漏電し始めていた期間である。

で、再上京。
日本には、いわゆるアウトソーシングというビジネスモデルがやってきていて
先輩の会社もそういう会社だった。
その当時、アウトソーシングについての本を一冊買って読んだ記憶があるが
特によく、理解もしていなかった。
「外の資源」と直訳し、イメージ的には間違ってない。

むしろ、何でもよかったのだ。シゴトができれば。
実家での時間。私はあらゆるものに枯渇していた。
ダマシダマシ自分をやってきたが、飢えていた。
特に、シゲキに。そしてシゴトに。

新しく入った会社で、たくさんのコトを任せてもらって
初めてのことがたくさんあった。
いっぱい勉強もした。議論もした。泣いて笑ってケンカして。
って、ド根性ガエルになっちゃうけど・・・。

「打ち込めること」が始まった。
むっちゃ、打ち込んだ。
打ち込みすぎて7年で卒業したけど。

で、つまり、私は打ち込みたいんだな。
今を生きたいんだな。
だから、めっちゃ『ROOKIES』に共感しまくってしまうんだな。
打ち込んじゃってる彼らに、そうそう、打ち込め、打ち込め!
と、思ってしまうんだなあ。

打ち込めばいいんだなぁ。だって知ってるんだもの。
(みつを風)
打ち込んだ先に得るものを。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

好きなこと

こぼまる さま
再コメントありがとうございます!
好きなこと、多いほうがいいです。
絶対です!

打ち込み3回

好きなことは打ち込める
いっぱい好きなことがあるといいねぇ

いやあ、慰めるっていうか…

読んでいたら、私の状況を重ねていろいろ考えちゃったので、
もし慰めたとするなら、私自身の現状かもしれません。
私も一応一人娘なので。

ありがとう

まつお さま
なぐさめてもらったのかな。コメントありがとう。
また来てね!

No title

パソコンでテレビを見ている私ですが、年末にルーキーズの再放送をみて、
私も毎日号泣しながら見ていました。現状を鑑みると、
老いた両親と自分の年齢と、未だふらふらしている状況に苦笑してしまう
けれど、それでも頑張るって素敵だって思えるし、
結局、両親にとっても娘が幸せでいることが、一番の親孝行なのではない
かと思います。

ようこそ!

元塾講師中里 さま
いらっしゃいませ。そしてコメントありがとうございます。たまにのぞいてくださると、ありがたいです。
よろしくです!

こんにちは

頑張って下さい!!
応援、ポチ、ポチ。
また来ますね!!!
訪問ありがとうございます
プロフィール

コワタリ ユミコ

Author:コワタリ ユミコ
青森県出身。

まだまだ好奇心を
増やしたい。

増やした好奇心で
行動したい。

行動したら、感動したい。

感動したら、感謝したい。

そういう46歳で
ありたい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。