スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の予知夢

すでに、エブリデイ休日になりつつある私のもとに
早朝ではないが、わりと早い時間に電話が鳴る。

早い時間の電話は、実家から、と相場は決まっているので
「何かあったか?」と少し焦って電話をとると、母親だった。


「なんかあった?」と矢継ぎ早に私。

我が家、というか「便りがないのは元気な証拠」の王道を行く私と実家の関係性において
実家からの、しかも早朝の電話は、緊張度が非常に高い。

10月には危篤騒動があった母親本人からの電話であったことは
一瞬、安堵をさせるも、父親になにか?と妄想は続く。


「いやあ、夢に出てきたからさあ」

・・・・・。
でた!母親の予知夢である。


母の予知夢は、当たっているのか、当たっていないのかは定かではない。

が、私が忘れもしないのは中学時代。

定期テストで結構、自信があった回があったのだが
母の夢で「どこかから落ちている私」が出てきたそうで、
今回は、成績下がるよ、と言われたことがあった。

まったく、意に介していなかったのだが
なんと、順位が10番くらい落ちていた。

私のがんばりより、他の生徒ががんばった、というだけのことなのだが、
この時から、母の予知夢はあなどれない存在になった。


で、母曰く
「会社辞めでぇ、学校行ぐ!って言ってねぇ、駅で見送りしてる夢でさぁ。
会社辞めだりしてない?」

ぐっぐっ・・・詰まるが

「変わってないよ、なんにも」

「だったら、いいけども」


正直に、旅にでるから、なんて言ったら心配のあまり、
またしても病気にさせてしまう恐れがあるため、
限りなく、普通でないことは、実家には報告せず、

しなくてはいけないことは、事後報告にしている私としては

旅の途中で、実家に寄って、まあ顔見せて
安心させるか、と、その母との予知夢電話が終わった後、決める。


もう子どもではない年齢なのだが
高校から下宿で家を出て、18歳で上京し、年に一度でも顔を見せればいい方の私は
子どものまま、なんじゃないか、と思われる。

しかも、結婚もせず、もちろん孫の顔すら見せる影もなく
やりたいことを優先してやっている私など、子どもでしかないのだろうしなっ。



お彼岸だった先日、母方の実家にも出向き
お線香をあげてきたらしい話をして、母との電話を終えた。

正月会ったときより、元気な声になっていたようで
これは、これで一安心。

夢に出ないようにしなくては・・・。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:絆というか・・・

fumie さま
コメントありがとうございます!
親子の絆・・・非常にポジティブなイメージですね。

というか、親の執念?

でも、まあ
ありがたい、ことだと思います。はい。

No title

お母様の予知夢、すごいですね!!
そういう身近な神秘体験にはとんと縁がないので
なんだかとってもうらやましいです(笑)
親子の絆ですね・・・

Re: 予知夢世代?

80 yukikoさま
そういう世代かもしれないですねえ、われわれの親世代は・・
ホント、しゃれになりません。

No title

うちの「みっちゃん(母)」も、ご多分にもれず予知夢を見ては早朝に電話してきます(笑)。何だか、似ているなぁ~と、笑いたくなりました。

Re: こわ漫遊記

こぼまる さま
ありがとうございます。
後でメールさせていただきますね。

> 楽しみにしています
> ところで、壮行会はいつできます?

こわ漫遊記

楽しみにしています
ところで、壮行会はいつできます?
訪問ありがとうございます
プロフィール

コワタリ ユミコ

Author:コワタリ ユミコ
青森県出身。

まだまだ好奇心を
増やしたい。

増やした好奇心で
行動したい。

行動したら、感動したい。

感動したら、感謝したい。

そういう46歳で
ありたい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。