スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若者たちよ・・・

あしたのジョー

あしたの城

先日、お世話になったサロベツ原野のお宿です。

旭川から、留萌(ルモイ)へ移動し
念願の「沿岸バス」に乗って、日本海沿いを登った次第。
で、稚内までは進まず、途中の豊富(トヨトミ)から
サロベツへ。

ちなみに、「あしたのジョー」と読むんです。

「あしたのジョー」のファンだから?
まあ、そういう世代だから、ということと
一度聞いたら、忘れないおもしろい名前にしたかった、とか。

地元の方かと思ったら、どちらからか流れていらっしゃったらしいご主人。
北海道の魅力にハマったおひとりのようです。


まったく季節はずれだったので、客は私ひとりか、と思っていたら
もう一人。

サロベツ探索から戻ったら、到着してました。

王(ワン)さん。台湾からやってきたそうで。
食事もご主人たちと一緒かと思ったら
王さんとふたり。

たどたどしい英語(タドタドしいのは私だけだが・・)で
それなりに、会話も弾みます。

彼は、プリンターを作っている会社のエンジニア。USメーカーだそうです。
システムの運用管理のようなことをやっているようで、
今回は、休暇を取って一週間くらいで北海道を周る予定。

日本語の堪能な友人と一緒にプランを作り
すでに、宿泊先や乗る電車の予定時間なども全部、プリントアウトして
大事に持ってきていて。

シゴトの関係で他の外国にも行ってるし、
日本も初めてではないようでしたが、
ひとり旅は初めてらしく、かなり興奮気味。

本当は、青函トンネルを通る「ドラえもん列車」に
乗りたかったらしいのですが、時期じゃなかったのか
とっても残念そう。

それに、十勝温泉に行くときの乗り換えが、ちょっと難しそうだ、と
心配そう。

大丈夫、大丈夫。
駅員さんでも、だれでも教えてくれるから、と
タドタドしくも、励ましときます。


翌日、稚内まで一緒に電車で移動。
「月曜日なのに、なんで、こんなに人がいないの???」
「おお、雪が結構、残ってるね」
「外は、寒いかな」

そのうち、自慢らしい一眼レフのデジカメで
車窓から雪山や、佇まいがいい駅舎を撮ったり
より興奮度が増しています。

たしか・・・、
私が海外にひとりで行ったのは・・・シアトル。
友人の留学先に遊びにいったものの、友人は学校で基本的には個人行動。
街に繰り出して、ふらふらしたり、マーケットでつまみぐいしたり。

確か、コーヒーを飲もうと、アメリカンってあるんだ!と
思って頼んだのは、実は「アメリカーナ」という豆の種類。
一口飲んで、「ぶふぁっ!」と吐きだしたのを思い出します。
苦すぎて(-_-;)


そう、失敗も経験になる。
で、いい思い出になる。


「あしたの城」のご主人が話していたこと。

もう年々、若い人は来ないねえ。バイクでも、バックパックでもねえ。
特に学生さんね。
そういう時代じゃないのかもしれないけどねえ。

でも、なーんにも体験せずに年取っていくんだよねえ、
それもねえ、どうなんだろうねえ。

そういう意味で私らの商売の見通しも厳しいけど、
自分の好きなことやってるからねえ、仕方ないけどねえ。

若い人たちはねえ、世の中に同調しすぎなくたって
いいんだけどねえ。
煮詰まっちゃうよねぇ、同調しすぎたらさ。


安定志向が高い傾向の若者が増加中らしい
ニッポン。
不景気やら、殺伐とした事件やら、政党争いばかりの政治家や
そういう世の中だからなのか?

・・・。

若者たちが安定志向な分、
突出して不安定志向に走るアラフォーもいるから
まだまだ大丈夫ですよ、ジョー!


ここで「いちみつを」。
いちみつをサロベツ

いただいちゃいますよ!こちとら、恐怖(?)のアラフォーっすから!


ってことで、王さん、いい旅を!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ヒット作!

80yukiko さま
「大志をいただけ!」
いいでしょう~。結構、気にいってます。

もう、もらっちゃいましょう。
使ってない大志は。

生きていく

〇 さま
どーだろうね・・・。でも、若者たちにも、まあ踏ん張って生きてもらって、わしらはわしらで楽しく生きる!って感じです。

No title

いやぁ~、声だして笑っちゃいました!
「大志をいただけ!!」サイコ~です v-218

さて、安定志向を追求するあまり、不安定な精神状態に陥っている人に多く出会います。一方で、不安定志向(笑)だけど、ワクワク生きている人にも出会っています。

とにもかくにも、ハッピーマインドで人生を送りたいものですなっ。

たーしかに

会社でも、若者はそういう傾向がありますね。
しかし自分の頃は「最近の若者は…」どうだって言われてたんだろう。
訪問ありがとうございます
プロフィール

コワタリ ユミコ

Author:コワタリ ユミコ
青森県出身。

まだまだ好奇心を
増やしたい。

増やした好奇心で
行動したい。

行動したら、感動したい。

感動したら、感謝したい。

そういう46歳で
ありたい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。