スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すべては現場でオコッテルんだ!②

帯広駅 木

さて。

ぬれ鼠になりつつ、バスをふたあつ乗り継いで到着したのが
「トスカチーナ」。

柳月のカフェレストランです。
イタリアのトスカーナ地方と十勝(トカチ)を合わせて、トスカチーナ。

・・・・。

駐車場は車でいっぱい。
時間は、14:00くらい。ランチタイムはすぎてるんだけどなあ・・。

お店に入ると、左手は柳月のお菓子が販売されていて、
右手がカフェレストラン。

少し、待って案内されたのは2F!
2Fもあるんだ!すっごい!

確かに、席はほぼ満席。そして、95%女性!
うーむ、たぶん、ここは人気があるにおいがする・・・。

そこで、私がオーダーしたのは!
トスカ①

トスカ②

ガーリックトーストは余計でしたが・・・
ぷりぷりイカと海老のトマトクリームパスタのセット。

鯉のぼりしか食べてなかったし、歩いてるし、ぬれ鼠だったの
ちょっと奮発したわけです。

うまい!

店内はかなり、明るく、こじゃれてますし、
この味だったら、女性は来ますね。確実に。
サラダの野菜が、すっごくおいしく感じたのは
たぶん、気のせいではないと思うんですが。

で、ここのスタッフは見る限り、表に出てる方は100%女性。
お菓子の部の方も、カフェの部の方も
髪の毛が少しでも長い方は、頭の上でお団子にしてアップしてます。
はい、みなさんそうです。
清潔感、明朗感、統一感。
ふ~ん、と。

スイーツガーデンはどうだったかなぁ、、ちょっと思い出せませんが。
たぶん、ここのお店はそういう風にしているのかな、と。

対応はもちろん、おざなりなんかじゃありません。

2Fを案内される際、ちびっこインカムで、客が2Fに行くことを知らせ
2Fでは、「いらっしゃいませ、お待たせいたしました」と出迎える。

つまり、待たせない。
というより、「あなたのことを、ちゃんと気にしています」という
アプローチが、ところどころに。

お客の心理でいくと、何がムカつくのかといえば
「どーも、ほっとかれている」
「他の客の方を優先している」
という、感情を持たされることがあるからで、

ここでは、要所要所でそうさせない工夫をしている。
お料理も、それほど待たされなかった。

そして、当たり前だがスタッフのみなさんは笑顔で対応。

ぬれ鼠のココロも、おなかも
あったまりましたよ。

お会計を終え、帰る際
「ぜひ、またお越しください」のひとこと。
まあ、あたりまえだけど、
「はい、また来ますよ!」と言いたくなるくらい。

当り前のおもてなしを、自分達らしいやり方で
きちんと、やっている。

そーんな感じなんですよね。
過剰でも、不足でもない、ちょうどいい感じ。

という、現場感なんですね。

働いている人たちを見れば、
その会社のことはよくわかる、といいますが

自信を持って動いている彼女(彼))達ですから、
そういう意味でのプライドもあるのだろうし。


特別なことをやってるわけではないんだな。
うん。
「5つの誓い」に出てくる、「心を結ぶ」ために
自分たちのできることを、
しっかりと、やり続けてきた結果なんだろうな。

そう、言葉で書くと何度も出てくるから、そう感じたからなんだろうけど
「柳月らしさ」を、「柳月らしく」表しているのだなあ、と。
つまり、それが「柳月」。

ってえ、ことなんだなあ。

「あたりまえ」を「特別なこと」にしていく
工夫はきっと、ものすっごくしてると思うけど。

北の地の、控え目そうで、シンの強さを感じる
そんな現場でした!

勝手に見させてもらって、勝手に評論しちゃって・・・。

ありがとうございました!

ここで「いちみつを」。

いちみつを帯広

柳月さん、ファンとしてウォッチしていきます!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
訪問ありがとうございます
プロフィール

コワタリ ユミコ

Author:コワタリ ユミコ
青森県出身。

まだまだ好奇心を
増やしたい。

増やした好奇心で
行動したい。

行動したら、感動したい。

感動したら、感謝したい。

そういう46歳で
ありたい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。