スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮司さまはサービス業?

 先日、お客様の地鎮祭が催された。初めての参加である。もちろん、初めての準備である。

 その土地の氏神さまの神社を探し、3回目の電話確認で了解をいただいた。神様もテリトリー制かぁ、などとくだらないことを考えながら、「何を用意すればよいでしょうか?」の問いに「こちらで全部用意いたしますので、体ひとつでお越しください」と言われる。同僚達には「竹笹を用意するのが大変で~」とか、「この間は施主様が立派な鯛を用意してて~」など聞いていたものだから、「そちらでは何を用意してくださるのですか?」とお伺いすると「何をって、全部ですよ」ときた。

 狐につままれた感もあり、前日、再度確認を入れる。「そうですねぇ、強いていえば、カメラですかね。皆さん、最後に集合写真撮られますよ」と。かっかっかっカメラ??

 サービス精神旺盛、というか商売っ気があるというか、最近はそういうのが普通なのか?何がなんだか不明瞭なまま、とにかく当日は、ほぼ身ひとつで参加した。
 そうは言っても、電話でしか話していない顔も合わせていない相手がやって来るのか、と準備担当としては気が休まらない。何か不備があっては縁起の悪い地鎮祭になってしまう。鎮めるどころか何かを起こさせてしまっては・・・等とドキドキしながら、我々の準備をしていると、宮司様が到着。「すみません、、遅くなっちゃって。すぐに準備しますから」。その日も残暑厳しい、ほぼ真夏日。汗をかきかき、テキパキと準備が進んでいく。ものの見事に、20分弱で準備完了。予定時間には無事始まった。

 三つの神様を鎮める、とおっしゃっていたが何の神様かは、もう記憶に残っていない。「祓いたまえ、清めたまえぇ~」の声が青空に響く。暑い日ではあったが、着工にあたっては幸先のよいと思えるお日柄。私もほっと、胸をなでおろす。

 滞りなく終了し、せっかくだから写真でも、ということで集合写真を参加者で撮ることに。気のきいた宮司様は「では、私が撮りましょう」とおっしゃりカメラを受け撮った。
 「『チーズ』はもう古いんですよね~、一足す一は~?」と笑いを誘うフレーズで、2、3枚撮ってくれる。

 神社はサービス業なのか?
面倒と思われる、諸々の準備物を代理で準備し、一人でやってきて設営、司会進行、お祓い、片付け、そして、写真撮影?確かに便利でためになって、滞りなくすべてが終了する。準備担当としては確かに心配は本当に来てくださるか、くらい。つまりカスタマイズされた結果であるのだろう。
 神社業界もきっと、いろんな進化をとげてきたのだろうなあ・・と、またしてもくだらないことを考えつつも、無事に地鎮祭は終わった。とにかく、宮司様の気のきいた笑いで終了し気持ちも晴れ晴れ。きっといい家になるに違いない。


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

yurim さま
すっすごい、、ネット墓参りですか。親不孝者の私でも、実家に帰らずとも墓参りできる、ってことですか???私は線香の香りが好きなので、クリックだけでは、やはり弱いですし、、そのうち、ネット幽霊とか出てきたりして・・・。

80yukiko さま
誰だろ?教師から宮司。すごい、というかちょっと雰囲気はあるけどね。神社経営も大変らしいですけどね、どうも。威張っていればいい、ということではないようです。ハイ。

今や、ネットにお墓が映し出され、お線香やお花をクリックする、お墓参りもあるとか。
お参りは何処でだってできるというのが、サービスを始めたきっかけらしいけど、、、時代ですかね。

私の高校時代の教員のひとりが、ある年の春、宮司さんになった。何でもなりたかったとのこと!いいじゃないか、先生から宮司さんへ。そうか、宮司さんは職人ではなくてサービス業だったのかとしみじみ思い返してしまいました!
訪問ありがとうございます
プロフィール

コワタリ ユミコ

Author:コワタリ ユミコ
青森県出身。

まだまだ好奇心を
増やしたい。

増やした好奇心で
行動したい。

行動したら、感動したい。

感動したら、感謝したい。

そういう46歳で
ありたい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。