スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『田中一村』という生き様

奄美パークからの景色

「絶対、見ときなさい!とってもいいから」

お世話になっているゲストハウスのおばさまが、
そして、そこの娘だと思ってたら同じゲストだった子達も
同様にいい!というので

絵とかぜーんぜん興味ないけど、行くことにしました。

『田中一村(いっそん)記念美術館』

空港行きのバスの途中下車。
バスを確認して乗り込むと、運転手さんが声をかけてくれます。

運転手さんも卒業後、東京で7年ほど働いていたらしく
東京話でひとしきり盛り上がります。

で、出発。
ふと、前方を見ると

1.朝は希望に起き
2.昼は努力に生き
3.夜は感謝に眠る


という、筆書きが。
思わず、うむむと感心。
道の島交通の社訓か?わからないが、メモをとってしまった。

快晴!海が青い、というかマリンブルーというか
道々、のぞくことができる海は最高である。

で、到着したのが『奄美パーク』
ここに記念館があるのです。

さて・・・。
その日、その奄美パークでは、
イベントで「島んちゅ会」さんという団体が主催している
「奄美の郷ライブステージ」というのをやってました。

奄美の郷ステージ① 奄美の郷ステージ②
奄美の郷ステージ③ 奄美の郷ステージ④
奄美の郷ステージ⑤
↑かなりユニークなおじさんでした。この後、更に2回出てきました。

島唄あり、踊りあり
名人から素人まで14組が出ます。
客席も地元の皆さんで満席。

拍手は少ない(?)ですが、なかなか盛り上がってます。

で、私は「田中一村記念美術館」へ。

なかなか立派で、かつ贅沢な作り。
しかも受付のお姉さんが2名もいます。
制服を誂えてて、これもまた、へえー。

そもそも、私は彼のことを知らないので
受付嬢の勧めに従い、ガイダンス・ビデオを観ることに。

田中一村。
栃木県出身ですが、東京・千葉を経て、50歳で奄美に移住。
69歳で亡くなります。

奄美に移住してからの生活は、絵づけの生活だったようですが
貯えが乏しくなると、紬染色工で生計を立てるようになります。

かなりの薄給ですが、それで貯えができると絵に没頭する、と
いうような生活をしていたようです。

生涯独身。
彼の才能を認めていたお姉さんがいつも応援をしてくれて
お姉さんも独身。彼の亡くなる数年前に亡くなられています。


どういえばいんですかね。
写実的です。彼の絵は。魚などは鱗の枚数を数えていたとも
いいますし、あとは、陰影が写真っぽい、というか
つまり、本ものっぽいんですね。

素人なので、表現できる言葉がなくて申し訳ないのですが

アダンの木

これ、「アダンの木」という作品なんですが、
鳥肌たっちゃったんですよ。

画像では確認が難しいんですが、
背景にある波と砂浜、すごいんですよ。

ざわっ、ざわわ、ざわわ

っとくるんです。


なんていうか

登山家みたいだな、と。
例えが薄っぺらになりそうですが。


誰が、どのように評価しようが関係ない
なぜなら、
人に見せるために書いているのではなく
自分の良心を納得させるために書いている、と。


登山家も
人に誉められるためにのぼってるんじゃない、
「そこに山があるから」
とよく言うしね。


ストイックな生き様が、そのまま絵に表れている。
というか、現れちゃうよね、そりゃあ。


奄美で住んでいた家が区画整理になり
新しい家に移り住んですぐ、台所にたっている最中に心筋梗塞で亡くなる。

スゲエ人生だヨ。
悔いなんて、あるのかなあ・・・
自分の良心を納得させられてたのかなあ・・・

久々の「いちみつを」。
いちみつを田中一村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

>ケーコ さま
少しはハノイに近づいたでしょうかね(笑

> どうすれば良心と会話できるんでしょうかねえ・・・難しい。
邪念にとらわれない、ことらしいです。
損得ともいう、らしいです。

Re: そうそう・・・

>80yukiko さま
コメントども!
そう、まさに一村の絵に 「奄美の杜」っていうのがあるの。
使ってるって、なんかに書いてあった。

で、もういっこのコメント。
動画はおもしろいです。って作ったのは私じゃないけど。
アップしただけ。

Re: いいですねえ

>imano さま

コメントありがとうございます。
南国はまた、南国のいろいろがあります。
また、のぞいてみてください。

No title

南にきましたね!!いいですね!

「自分の良心を納得させるため」って、かっこいい!
こんなに素晴らしい絵だったら、きっと良心は納得していたと思います。
どうすれば良心と会話できるんでしょうかねえ・・・難しい。

そうそう・・・

鹿児島の義叔父が、私の焼酎好きを知ってか、ときどき黒糖焼酎「里の曙 奄美の杜」を送ってくれます。
その瓶ラベルが、まさに田中一村氏の絵なんです!何だか、感動!

いいですねえ

かなりいいですね。
なんかいいです。
訪問ありがとうございます
プロフィール

コワタリ ユミコ

Author:コワタリ ユミコ
青森県出身。

まだまだ好奇心を
増やしたい。

増やした好奇心で
行動したい。

行動したら、感動したい。

感動したら、感謝したい。

そういう46歳で
ありたい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。