スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暴走沖縄 車中泊2泊3日の旅 その②

<西海岸方面へ横断すると・・・そこは!>

伊計島から内陸を横断して、西海岸方面へ。
この辺には、道の駅も点々と存在し、車中泊にはもってこい!
と、計算した。

西海岸・・・・
そこは、まさにリゾート、いや超リゾートエリアだった!
海沿いはビーチとリゾートホテル、そして車線の反対側には、
リゾートマンション

少し行けば、ネオンがピカピカな飲食街。
「Bar」とか「ステーキ」とかなんか、炎は燃えさかる漁火みたいなのが
入口に・・・・

うーむ、オアフのワイキキ風?

でも、ここ「恩納村」って村らしいけど・・・
村収益、ウハウハ?

あまりのゴージャスぶりに、写真を撮ることすらなく
とにかく、通りすぎる。

合間、合間に見える砂浜や、夕日が結構
目にしみる・・・なぜ、目にしみるのかはわからんが・・・

で、北上し続けたら、名護市まで来てしまった。
腹が減った!
「ブラジル食堂」という沖縄そばの名店(?)が近くにあるらしい。

向かう!当然!

しかし・・・定休日だった。

がっちょーん
しぶしぶ、来る途中にあったインチキ沖縄料理屋に入ることに。
車で酒も飲めないし、値段の割には味が期待できない雰囲気を醸し出していたので
2品とお茶を頼み、そうそうに撤収。

そう、思いどおりにいかないのが人生!
こういう日もあるさ!

で、少し戻って道の駅へ。「許田」
早々に寝て、早朝から行動しようと決定し、寝る。

日中の暑さがあり車中も暑くなるだろう、と少しだけ窓を開けて寝る。

が、途中で目が覚めた。

寒っ!
リメンバー稚内。
なぜ、寒いんだ。とにかく、窓を閉める。
実は、かなり軽装で出発したため、はおれるものは
大きめのタオルしかない!

しかし、はおる!
すぐ、道路の先は海であること、
そして、どうも天気が崩れ模様であることで
気温がかなり低くなっているであろう、ことは
この時になってみてわかる。

ああ、またしても寒さとの戦いか!
というより、ちょっと怖いな、ここ。
暗いなあ・・・。
でも、トラックとかも通るしなぁ・・・。
ハブ出てきたら、やだなあ、窓閉めたから大丈夫か。
ヤンキーとか来ないよなぁ・・・。

寒いとロクなことを考えない。
でもそのうち、眠りについた。どんな場所でも寝れるのが
特技だから。


<天然記念物とコーヒーとベースキャンプ>

ヤンバル看板

雨の音で目が覚める。
前が覚めたので、出発することに。

十分、睡眠はとれた。どんどん海岸線沿いを北上していく。
今帰仁村で、少し朝食タイムをとり、少し晴れた海岸線沿いで休憩。
雨が降っても海はきれいだ。

で、どんどん北上するにしたがって、
看板が増えてくる。「ヤンバルクイナ注意!」の看板。

注意って言われてもなあ。
天然記念物のかの鳥は、飛べない鳥。
だから、車道をうっかり歩いているところに車が来ても、
走って逃げるしかなく、間に合わずにひかれて死んでいくらしい。

雨の降ったすぐくらいが姿を現す確率が高いらしい。

絶滅に瀕する動物を、私ごときが車でひいてはまずい!と
山道は特に、ゆっくり運転。

「もしかして!」

と思う車前を通り過ぎるのは、たいていカラス。
小さめのやつだと、一瞬、ドキっとするが
飛ぶからすぐにわかる。

ガックシと、ホっがいりまじりながら

と思っていたら、まただ!
「もしかして!」

今回は飛ばない、しかも足が赤っぽい!
ぜったいヤンバルだ!
写真、写真、とあわててカメラを手にしたときには、すでに
いなくなっていた・・・

やむなし!いいんだ、ひいてないんだから。

途中、途中のマングローブも含む圧倒的な群生に言葉をなくしつつ
南下。

で、またしてもコーヒーを飲みたくなる。
「ヒロ・コーヒーファーム」へ寄る。

ヒロさんという、関西から移住しコーヒー豆を栽培している方が
やっている、ちょっとしたCAFEだ。
マスコミにも取り上げられているらしく、雑誌の記事がいろいろ飾ってある。

コーヒー豆栽培には、雨が重要らしいが、
昨年も雨が少なく、なかなか大変だったらしい。

「観光客の方にはあいにくの雨ですけど、
やっと降った雨ということでありがたいんですよ」

とおっしゃっていた。
確かにそうだ。

コーヒー豆にも重要だが、沖縄は水も少なくダムで貯水をしているから
雨が降らなかったら、たいへんなのだった。

そう思うと、雨も悪くない。
(たぶん)ヤンバルクイナも見かけたしな!
にわとりヒロコーヒーファーム

これは、ヒロコーヒーファームで放し飼いされていたやけに毛並みのいいニワトリ

雨の音と、コーヒーの香りとに十分、癒され
おいしいコーヒーで体も休められ、再び出発。

その日は、日帰り入浴できる温泉を見つけていたので
そこまで南下する予定。もう那覇から目と鼻の先くらいの場所。


当り前だが、たくさんのベースキャンプ周辺を通っている。
演習場も多くある。立ち入り禁止区域もそれに合わせて多くある。

すでにベースは沖縄経済に組み込まれているんだろうか。
沖縄から米軍が撤退することはあるんだろうか。

なーんて、今頃なにを?

実家のある青森県にも三沢ベースキャンプがある。
実家から行こうと思えば車で1時間圏内。

でも、少なくとも行ったことはないし、行こうと思ったことも ない。
なぜ、三沢なんていう田舎にベースキャンプがあるのかなんて
考えたこともないし、考えようと思ったこともないし
教育もされてこなかった。

沖縄に来たから考えることではない。
もっと前に知ろうとしていないといけないことだったかもね。

たまに、旅客機ではない飛行機の音が聞こえてくる。
それが、沖縄だ。

その③に続けることにします。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問ありがとうございます
プロフィール

コワタリ ユミコ

Author:コワタリ ユミコ
青森県出身。

まだまだ好奇心を
増やしたい。

増やした好奇心で
行動したい。

行動したら、感動したい。

感動したら、感謝したい。

そういう46歳で
ありたい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。