スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「さびしさ」の相違

公園から


「ひとりはさびしいでしょ~」

石垣に来て数日。毎日、居心地のいい場所を求めて放浪していたが
やっと見つけた!

と思った場所で、本を読み、海を眺め、ぼーっとしていたら
スクーターで「おじい」がやって来た。

「あんた、名前なんていうの?
どっから来たの?
石垣、初めて?
島、周った?

じゃあ、おじいと「ゆんたく」しよう!
『ゆんたく』ってわかる?」

一方的な質問攻撃&強引TALKおじい。の登場である。

やれやれ・・・。
要約すると。

以前は東京の新宿、池袋、中野に暮らしたこともあり
当時はまた初期のカラオケの第一興商の営業をやっていた。
石垣に戻って、タクシー運転手をやっていたが、(たぶん)定年。
毎日、パチンコしかやることがないくらいひまなので
日に4度、「この場所」(=私が非常に気に入った場所)に来て
新しい出会いを求め、旅行者には声をかけ
石垣の良さを知ってもらおうと、日夜努力している。

まあ、こんなまゆつばおじい、だ。

で、ひとりでこんなところで本なんか読んで
せっかく石垣に来てるのに、何やってんの?

というところで、冒頭の下りである。


マンツーマンなので、おじいを無視することもできない。
で、一方的なおじい話を聞きつつ・・・

「私はひとりでいることに、さびしさを感じない」

という事実について、思慮してみた。


そう、私は知っているのだ。感覚的に。


「ひとりでいること」そのものは、決してさびしいものでも
孤独を感じるものでもない。

誰かといるとき、通じあってない、理解してもらえていない
そんな時。
さびしい、悲しい、孤独を感じるものだ、ということを。


だから、おじい。
本当は、今の方がずーーーーーっと、空しいんだよ・・・

私は、ひとりでいたいんだよ。
だから、ココにきたんだよ。


「旅行者は、みんな現地の人と接点、持ちたい!って思ってるんだよ。
でも、なかなか声かけられないでしょ。
だから、こっちからかけるんだよ!」

おじい持論はよーく理解した。なるほど、的は外れてはいない。

ごめん、私がターゲット外だったよ。アンラッキーだったね、おじい!


どうも、ゆんたくが弾んでる感覚が乏しいのか、
「じゃあ、おじいは行くからね。」
と、また一方的に帰って行った。

ふう~、と安心して読書にふけていると
遠くから、スクーターの音が。

まさかっ?と思ってみると、同じおじい。

「あれ、まだ居たの?」

悪いか!

「昨日、あった広島の子が友達連れてココに来るんだよ。
おじい、コーヒー買って待ってるのよ」

新しい獲物を確保したらしい。
すごい、獲得率と行動力。

今晩は、その子たちと焼肉を食べにいくらしい。


ああ、ここにはもう、来れないかぁ・・・

さびしさを感じて、家路につく。

夕日



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: おじいもさびしかった?

>プレナー さま
コメントをありがとうございます。

> ただ・・「似たようなことをおじいも感じていたのでは?」などと思ってしまいました。

はい。お互い様モードでした。実際は。

このおじいよりも先に来ていた別のおじいは、ほっておいてくれたんですよ。
あいさつだけはして、お互いに。

で、このおじいが来たら、帰っちゃったんです・・・。

なので、居残っていた私の方がKYって感じだったかもですけれど。





Re: 淋しン坊

>kura さま
コメントありがとうございます。

> 私、いつも関心してるンですけど、コワさん、
> いっその事この際(どの際?)、
> 物書きになるってのはどうでしょ!?

そうですね、詩人になったらどうか、とは
思ったことありますが・・・
念頭に入れておきます。

> それにしても何と綺麗な海の宝庫!!!
> どんな言葉も足らない感じですネ~。
> 私の心も、アレっくらい澄んで清らかならなぁ。。。
> (いぇ、有り得ないのは分かってまッ!、笑)。

海は本当にキレイです。
東シナ海恐るべしです。
kuraさんのココロも澄んでますよ~

Re: そんな、おじいこそが・・・

>80yukiko さま
コメントありがとうございます。

キュート・・・・微妙・・・

おじいもさびしかった?

>誰かといるとき、通じあってない、理解してもらえていない。
そんな時、さびしい、悲しい、孤独を感じるものだ、ということを。
------
とても共感しました。一人でいることが孤独なのではなく、他に人がいても一人だと感じてしまうことが孤独なのかもしれませんね。

ただ・・「似たようなことをおじいも感じていたのでは?」などと思ってしまいました。

まぁ、読書タイムに割り込まれて一方的にしゃべられては私も何もいえそうにありませんが・・(汗)

淋しン坊

結局、おじいは、
人に押し付てでも小分けして、
自分の寂しさを解消してるンでしょネ~。。。
でも、面白かった(カハッ)。

私、いつも関心してるンですけど、コワさん、
いっその事この際(どの際?)、
物書きになるってのはどうでしょ!?
とにかく読んでて飽きません、楽しいです。
ロードムービーならぬ、ロードライター(?)、
なんちって、いやマジで思います。

昨今の下手なモノ書きさんより、よっぽど人を弾きつける
文章力、お持ちとお見受けしやしたょン(いやホンマに)。

それにしても何と綺麗な海の宝庫!!!
どんな言葉も足らない感じですネ~。
私の心も、アレっくらい澄んで清らかならなぁ。。。
(いぇ、有り得ないのは分かってまッ!、笑)。

そんな、おじいこそが・・・

さびしかったんだと思います(笑)。何とも社交的で、かつ、キュートなおじいですな v-425
訪問ありがとうございます
プロフィール

コワタリ ユミコ

Author:コワタリ ユミコ
青森県出身。

まだまだ好奇心を
増やしたい。

増やした好奇心で
行動したい。

行動したら、感動したい。

感動したら、感謝したい。

そういう46歳で
ありたい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。