スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流星群に

東京には、空がない

と言ったのは、高村智恵子さんだったか。

今年、オリオン座流星群がいろんな条件が良くて観れるらしい、と
ホウボウで言っていたし、夜更けに空を見上げてみた。


東京は明るすぎる。
オリオン座はかろうじて、見つけた。
でも、どんなに目を凝らしても、見えるらしい流星は全然・・・。
30分おきぐらいに、目を凝らすが全然ダメ。

高層マンションのせいもあるだろうか、
何しろ明るい。

流れ星を最後に見たのはいつだったろうか?


先週末、以前の職場の先輩が亡くなった。
週明け、葬儀のお手伝いに行く。

お日柄もよろしく・・・
おめでたい席であれば、そう揶揄される秋晴れ。

お足もとがまったく悪くない、
ご本人の人柄通りの、おだやかな日。

大勢の皆さんが、弔問に訪れた。
まさに、お人柄によるものだろう。


フロアは一緒だったが、課は別別。
ただ、たまにシゴトのピークが一緒になるのか
ふと、顔をあげると残業で残っている、いつもの三人のうちのひとりが
その先輩だった。

だから、課も年次も違ったが
「早く帰れよ」とかよく、声をかけてもらった記憶がある。

誰にでも、公平な人、という方だった。
えばらない、
おごらない、
まっすぐな人。

私の中では、そういう先輩だった。


大勢の弔問客を前に、元の同僚たちは皆、口々に
「自分のときは、こんなに人がきてくれるだろうか」と
思ったと言っていた。

そういう生き方をしてきた方なんだ、ということなんだ。

死に様は生き様ってことなのかも。

生まれた瞬間から、死ぬことが決まっているのに、
でも、生きる。
死ぬまで生きる。

だからこそ、
どうせなら、よく生きたいと思うのか。
せっかくいただいた「生」だから?


弔辞は同期であり、同僚である別の先輩がやられた。
最初から号泣だった。自身の誕生日に亡くなった相棒に、ありったけの愛情をこめた
哀悼の辞。

おりしも、オリオン座流星群が見守るように
天にのぼっていくだろう、と。

奥様も、空や雲や風や、陽の光の中にあなたを感じることができるでしょう、と。

だから、見上げてみてみようと思った夜空だったが、
東京では、じゃまが多かったってことだけど。


やっぱり
どう死にたいか、と考えることは
どう生きるかを考えることなんだ、と。


人生、折り返し(予定)。
いろんな意味で、きちんと考えるのも
生きるってことなんだ、ということなんだ。

先輩のご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私も連絡もらったのに、行けませんでした。
ご闘病中とは、全く知らなかったので、驚きました。
ずっと変わらぬ穏やかなお人柄で、皆さんに愛されていた方だったんだね。。。
ご冥福をお祈りいたします。

No title

私もなんとかして駆けつけたかったのですが、あいにく娘が調子が悪くて、行けませんでした。。。(;_;)
なので、娘の世話をしながら
「あぁ、今頃 告別式の真っ最中だなぁ」
と思って心の中でご冥福をお祈りしてました。

N先輩、本当に優しい人だったよね。
私は同じフロアにいたのはほんの1年ちょっとでしたが、それでもその短い間にいろいろと優しい言葉をかけてくれたことを覚えています。
本当に残念で残念でたまりません。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。。。
訪問ありがとうございます
プロフィール

コワタリ ユミコ

Author:コワタリ ユミコ
青森県出身。

まだまだ好奇心を
増やしたい。

増やした好奇心で
行動したい。

行動したら、感動したい。

感動したら、感謝したい。

そういう46歳で
ありたい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。