スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『なくもんか』

思い立って、観に行きました。

なくもんか

阿部サダヲ好きとしては、見ざるを得ず。


というか、まあずいぶん前からのことですけど、
もう、ありとあらゆる劇場が、TOHOシネマズになっちゃって・・・

これ、全国的な動きですよね。
地方なんか、思いっきりTOHOシネマズになりまくってます。
地方回り(?)したとき、感じました。
アメリカか?アメリカ化?

というか、単独単館でやっていくのが
厳しいからなのでしょうが・・・

でも、シネカノンはがんばってるけどね。



阿部サダヲ。

私の中では、藤山寛美(藤山直美の父です・・・)並みに好きです。
って、感覚がイマイチ、伝わらないですけど。

ばかやって、泣かせられる。
私の中では、藤山寛美以来の登場と思ってます。

どっちも舞台のひとたちだから、
映像で観るとくどい

けど、安定感のあるくどさです。

ストーリーは観てください。

創り方はキライでないです。
クドカンの脚本も、いわゆる阿部サダヲ仕様になってる気もします。
細かい部分で、細かく笑えます。

もちろん、泣けます。

終わり方が良かった。

寒くなってきたから、人情モノがココロをあたためてくれますヨ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問ありがとうございます
プロフィール

コワタリ ユミコ

Author:コワタリ ユミコ
青森県出身。

まだまだ好奇心を
増やしたい。

増やした好奇心で
行動したい。

行動したら、感動したい。

感動したら、感謝したい。

そういう46歳で
ありたい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。