スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊迫感 弛緩感

タイでは、反政府デモがどんどん加熱し、タクシン元首相に逮捕状まで出ている。
朝鮮半島は、韓国の哨戒艦沈没事件以降、南北関係が激しく緊張状態続行中。

タイでは、以前の職場の後輩が働いているし
韓国には、先輩が住んでいる。

とにかく、大事にならず
無事でいることを思うしかないのだが、
その緊張感や緊迫感を感じずに過ごせている
日本という現在に、感謝するよりない。

内部事情的にはいろいろもめてるけれどもね。

危機意識が最も低い、のんきな国民であるらしい我々は
時として、世界の笑い者になってしまうが
笑われようが、さげすまされようが
そういう安全な国であることは、自負していいこと。

それでも、毎日、殺人事件のニュースがない日はなく
簡単に人が殺されてしまう風になっているのだが。


死ぬかもしれない瞬間は、これまでの人生で3回。

中学生の頃。
冬、家の屋根の雪下ろしを手伝っていた時。
うっかり足を滑らせ、屋根の上で転び、そのまま背中から
滑り台をすべる格好で、ずり落ちていき
すんでのところで、雨どいを手でつかめて
うまいことに、そのまま止まった。
あと10cm滑ったら、カチンカチンに凍った落雪に直行。
頭を打ったら、死亡。
背中を打ったら、骨折。

とにかく、後ろ向きのまま、屋根と何もない空間ギリギリの場で
雨どいにしっかりつかまりながら
「おかあさーん」と作業を一緒にして、反対側の屋根にいた母を
呼んだことを、明確に記憶している。

社会人2年目。
先輩や同僚たちと、新島に行った時。
きれいな砂浜海岸ではあるが、遠浅ではない場所で
調子にのって遊んでいたら、大きな波がきてのまれた。

そんなはずはないが、目を開けていたような映像の記憶があり
大波にのまれ天地がわからなくなり、砂つぶがたくさん目の周り
というか、私の周りをグルグルと回っていて、
息もできず、足も地につかず、とにかく回転しまくって
「死ぬ~」と頭の中で叫んだら、気がつくと
波打ち際で引き上げられていた。トドのように。

5分ほど、動けなかった記憶がある。


社会人何年目だろ。
後輩と一緒にジャマイカに行った。
レゲエ認識しかなく、まったくの危機管理がなかったことは当然。
列車で首都まで移動しようと考えていたが、
ホテルから駅に向かうブッシュ(?)で
ヤングギャング団に取り込まれる。

はじめはなれなれしさだけだったが
数分すると「マネー、マネー」とナイフを出してきた。

そう、セオリー的には金を出せば、ナイフは引っ込むだろうと
頭の隅にはあったが、ムショウにむかつき、
「おまえらには、一銭の金も渡せん!」とココロの中で叫び
とにかく、言葉が通じないふりを通し、ホテル方向へ戻り
なんとか、刺されることも、金をむしられることもなかった。

が、日本の新聞の見出しは浮かんだ。
「邦人女性、ジャマイカで金をしぶり、刺されて死亡」

なぜ、ギャングにムカツキ、刺されても金はやらん!くらい
激したかは、自分でも不明。


もうひとつあった。
先輩と南米に行った際。
最後はブラジルに寄って、日本に帰る日程。
ホテルで正露丸が効かない腹痛に襲われる。

我慢強いのは東北人の特徴。
しかし、まったく我慢できなくなってしまい
病院へ。

「日本語が通じる病院」と『地球の歩き方』に載っていた、
確かに日系人街にある病院でもあったが
症状の説明が、うまくできなかった。

抽象的な表現、例えば
「しくしくする」とか
「ぎゅーっとにぎられたような」とか

ホントに理解されているんだろうか?と思いながら
でも、苦しいのでとにかく、話す。

結論。女医さんは明るく言い放った。
「コレラではありませ~ん!」

おいおい、コレラの可能性あるのかよ!

原因は、機内食のカラアゲ。
油が古いのと、旅の疲れが重なっていたのだろう、と。

医者には言わなかったが、
その機内食のカラアゲ。疲れて寝ることを優先した
先輩の分も平らげていた・・・。

日本の新聞の見出しが浮かぶ。
「ブラジルで邦人女性、カラアゲの食べ過ぎでコレラに感染!」


薬も効かず、結局点滴を打って復活。
でも、あの腹痛を超える腹痛はその後の人生でもない。
そのくらい、どうにもできない痛みだった。


うーむ。
どちらかと言えば、己が原因によるもので
緊迫感も緊張感も、ある意味ない。

比較することでもないのだが、

何しろ、安全な国で生まれ育ち
死にそうになったと言っても、今、ラッキーなことに生きていて

このような、文章を書けていることを
「幸せ」と思おう。


すでに、亡くなっている方々もいるわけだが
後輩、先輩たちに害がおよばないように、と
願うよりほかない。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問ありがとうございます
プロフィール

コワタリ ユミコ

Author:コワタリ ユミコ
青森県出身。

まだまだ好奇心を
増やしたい。

増やした好奇心で
行動したい。

行動したら、感動したい。

感動したら、感謝したい。

そういう46歳で
ありたい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。