スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

声を聴く

今年の夏は蝉の声が聞こえてきません。

まだ、早い?なーんてことないですよね?
昨年などは、かなり早朝から鳴きはじめていて
それで、目を覚ましたくらいだったのに。

今年は、し・・・・・・ん、としてます。
うちの近所だけでしょうか?


蝉とはなんの関係もないんですが
「憂歌団」でヴォーカルだった「木村充揮(あつき)」さんの
LIVEに行ってきました。

下北沢です。

えがった~。

21世紀に入る前に、冬眠に入ってしまったのを最後に
そして、引っ越しの中で買い込んだ彼らのCDがなくなってしまったことを最後に
全く、耳にしてきませんでした。

が、Youtubeさんで、過去のライブの映像なんかを
たまたま、発見して
あつきさんが、ひとりで全国まわっとるらしいこともわかり
ちょっと調べたら、下北沢のライブハウスでの空席があることがわかり
すぐ、予約。

便利な世の中です。ほんとに。

LIVEにはちょうどいい広さの会場で
お客さんも老若男女問わず。年齢はわしら世代よりも、やはり上が多い気もしたが
子どももいたし。(笑

「好きなようにやらしてもらうで~」で始まった2時間半はあっという間で。

還暦にはもう少し、という年齢だと思うけど
タバコ吸い、酒を飲みながらの演奏は、マジ
かっこよかった。


憂歌団時代、というか
彼らの歌を知ったのがいつ頃だったかは覚えていないが
とにかく、「胸が痛い」という曲を聴いた(もしくは観た)ときに
ショーゲキが走って、この人らは?と調べまくったのは覚えている。

今のように、インターネットは普及していない時代だから
当たり前のように、レコード屋(古い?)に行き
「憂歌団」のCDを探し、とりあえずいくつか買って聴きあさる、
そんな感じだった。

この人たちはスゴイ・・・

彼らをよく知る人々は、ギターテクニックのことや
ブルース魂の云々を語るが、
私は単純に、あつきさんの声を天才!と思っていたから。
かなり聴きまくっていた時代。

で、LIVE。
「胸が痛い」もやってくれた。というか、生はスゴイ。いい、かなりいい!


TALKはほとんどなし。あいまあいまには、ダジャレ。
関西のおっちゃん的ダジャレ。
タバコぷかぷか、酒ぐびぐび。

そう、このひと、タバコの吸い方もなんか、いい。

「新しい歌、歌おうかな、でも、最近は、新しい歌はすぐに古くなるなぁ」

そう、でも新しいも、古いも感じさせない歌が
いや、声があるんだよなー。


そう、ずいぶん久しく聴いてなかった歌なのに
なぜか口ずさめたことに、自分で苦笑。

舞台は、アンプとマイクとギター。
そして、灰皿とお酒(ウィスキーの水割りか、もしくはウーロン茶?)。

身ひとつで、歌う姿は小さくなく
大きく見えるものでした。


久々に感動した!
ちょっくら、CDでも探してみようかな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問ありがとうございます
プロフィール

コワタリ ユミコ

Author:コワタリ ユミコ
青森県出身。

まだまだ好奇心を
増やしたい。

増やした好奇心で
行動したい。

行動したら、感動したい。

感動したら、感謝したい。

そういう46歳で
ありたい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。