スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀行仕置人?

これだけ、IT化、デジタル化と言われている21世紀なのに
昔と全く変わらないオペレーションをしているところがある。

銀行窓口。

個人情報保護法も加わって、さらに
いろいろな手続きに時間を要しているようにも思われる。

窓口業務をATMに誘導しまくってもATMも大混雑。
あいかわらず、ATMの使用手数料さえぼったくってる感もあるが
結局、業務内容について、なんらか進化させようという気はないのか?


等と、日頃の憤慨を通り越し
思わず鼻で笑ってしまった出来事があった。

そう、きっと私が生まれる前から
変わっていない手続き。

窓口での通帳からの払い込みだ。




ネットバンキングが通常になっている昨今。

しかし、今なお
犯罪防止(?)のためにキャッシュカードも作っておらず
支払いについては、必ず通帳から窓口で、という個人商店のような場合。


経理担当が入院になり、代理で私が振込に行くことに。

例えば、取引先10か所に払い込みをしたい場合
払い込み先ごとの、口座名、金額を書き込む振込依頼用紙に
とにかく書いていく。

面倒だが、いたしかたなし。

複数の振込先を一度に書き込める用紙(4件まで)があると聞き、
その用紙を記入し窓口に持っていく。


すると、言われる。
「ご通帳へは、一括の金額の記帳でよろしいですか?」
もちろん、答えはノー。
「いいえ、取引先ごとに記帳したいんですが。」

で、ある。あったりめえだろう、ばーか、とは言わない。

すると、
「でしたら、こちら(もうひとつ)の用紙に一件づつの金額をご記入いただかないと
できません」


は?
「すみません、おっしゃってる意味がわからないんですが・・・」
と、再度問うと

「ですから、こちら(先)の用紙は一括記帳用のものでして、取引先ごとに記帳されたい場合は
個々の記帳用のものが必要になります。
さらに、振込手数料も個別に記帳したいときは、同じ枚数をご記入いただきます」

・・・・・。
「ほんとに、そんなこと、今もやってるんですか?
じゃあ、この用紙って二度手間にしかならない用紙ですよね」

と嫌味ストレートをかますと
「どのお客様にもお願いしていることですので」。


ふっ、と鼻から息をもらすような笑いが出た。

だから、銀行はダメなんだよ。って言いたいけど
言っても意味ないから、とにかく記入することに。

4件複数記入できる用紙には、銀行印の欄はない。
個別の振込金額を書く用紙には、銀行印がある。
その違いって何?

しかも、記帳された通帳をを見ると
金額だけで、こちらが口座名義で記入した
取引先名も入ってない。

ああ、だから、経理担当者は通帳に手書きで書いてるんだ・・・

なんて、非生産的な行為なんだろう・・・。

意味があまりにも無意味な
用紙の使い方を私は、もちろん把握していなかった。

それは、申し訳ないとは思う。

しかし、しかしですよ。


例えば、すぐに改善できそうなことはあるじゃないですか。

4件複数記入できる用紙に、銀行印欄を設け
一括記帳か、個別記帳かチェックさせ
振込手数料についても、同様にしておけばいい。

少なくとも、顧客側は書いているんだから
振込先名も記帳されてほしい。
そのための手数料じゃないの?


恐らく
ATMで振込できるようにするための
キャッシュカードや振込カードを作れば
もっと簡単です、とか。

ネットバンキングでしたら、手数料もお得です、とか。

そういう切り返しをされそうだが
機械であろうが、人がやろうが
そちらの勝手でしかないサービスに付随する作業を
もっと、利用者が楽になるやり方を考えたらいいのに、ね!

だって、その割に
融資は簡単時代。

個人融資だって、ちょっとした審査を受ければ
無職だって少額であれば融資されちゃうでしょ。
しかも、ネットで申し込んで、電話確認でポン!くらいの早さ。
印鑑も要らないし、顔を突き合わす必要もない。

出す金には、山のような手続き
入る(利子)金には、なんの障害もなし

って、こと?

いろいろ出来る法律や規制を盾に
「銀行ですけど、何か?」的な思考を
いくらかでも、変えない限り
銀行の行く先は、たぶん、ないですよ。

たかだか、窓口業務のことかもしれないですけど
客の時間も無駄だし、それを作業する窓口の人の
時間だって無駄でしょうが。

イライラしながら
とりあえず、待つことに。

そこで
待ち時間に読もうと思って持参した本

『銀行仕置人 池井戸潤/著』


間が良すぎて、密かに失笑してしまったが
私は、銀行に対しては、かなりのクレーマーと
自負せざるを得ない。

というか、不愉快な思いしかしたことがない!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問ありがとうございます
プロフィール

コワタリ ユミコ

Author:コワタリ ユミコ
青森県出身。

まだまだ好奇心を
増やしたい。

増やした好奇心で
行動したい。

行動したら、感動したい。

感動したら、感謝したい。

そういう46歳で
ありたい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。