スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天河神社は厳しいもの~思い立ったが吉日②~

張り切りOL三人組に睡眠をさまたげられつつ
6:00 京都駅到着。裏口というか八条口の方に降下。

京都駅

すぐに6:35発の近鉄線に乗らないと、その日の到着は無理、
というか、その日に帰ることができない。

それが天河神社なのです。

遷都くん

遷都くんに見送られて出発です。

顔も洗わないまま、神社へ向かってます。
乗り過ごすこともできないので、
緊張感の高い、電車の旅2時間。乗り換え1回。


「下市口」という駅で、奈良交通のバスに乗り換えます。
マイクロバスみたいな小さなバス。
補助席ありだけど、そんなに人は乗ってません。

だって、祝日だし、8:30過ぎですから。

マイクロバスはどんどん、山を登っていきます。
まさに、グングン高度があがっていく感じ。

しかも、途中のバス停の名前。
明らかに、人ん家の前の名称で、笑えました。

「○○家前」みたいな感じ。

そう、どんどん山深くなっていくのです。

思い出したんですが、内田康夫著の
「天河伝説殺人事件」って、ここのこと?
吉野郡って、吉野杉の産地?

そういう下調べ、ほぼ皆無。

で、天河神社前のバス停に到着しました。

運転手のおっちゃん。
「帰りは15:26発だからね~。遅れたら帰れないからね~」

ここで、まあやっと10:00前。
随分、長い一日になりそう。

神社までの細道
バス停から神社へ向かう道。

天河神社 社
はい、こちらでございます。

水場 天河神社 杉 天河神社 細道

水は冷たくて、ほんとにキレイ。
大きな杉の木も花粉ではなく、マイナスイオン出してくれてる感じ。

天河神社 元

とにかく天気もいいし、人は少ないし
座れる場所に座って、ぼーっとしてました。だいぶ、長い時間。

はっ、と思いつき
おみくじひかなくっちゃ!

噂ですが、天河神社のおみくじは「凶」が多い、
というか厳しめメッセージが多いらしいのです。

で、引きました。

天河神社 おみくじ

カメラアングルで見えてませんが
第三番の「凶」です。

ガガーーーーーーン(-_-;)

まあ、でも凶でもいいんです。
書かれてある文字も達筆だし、主文みたいなところが
漢詩みたいになってるので
ニュアンスは感じとれるものの、はっきりとわからない。

で、社務所にいる方に
どういう意味なのか伺ってみたところ

「神主様が書かれているもので、私たちにも意味はご説明できないのです。
神主様をつかまえて聞いてみてください」

えっ!

でも、神主さんは、今、なんかお客さんを連れて
五十鈴のある方にいって、今、なんか祈祷してる、あの声の人じゃないんですか?

「そうですね、お時間かかるかもしれませんねぇ」

考えあぐねいた私は、カメラに文面を写し、後日、天河神社のホームページから
お問い合わせメールで画像を送って、聞いちゃおう!

と即決し、おみくじは神社にくくっておきました。

で、ぼーっとしてたものですから
というか、顔も洗わずお参りしていいのでしょうか?

というか、結構、山の上のほうだから
天気よくっても、木陰は涼しいのです。
むしろ、体が冷え切ってしまったのです。

で、散歩がてら
吉野景色②

色づき始めた紅葉を愛でながら

吉野六角岩

天河神社に鏡があるんですが、それと向かい合ってる、という噂の
「風水六角岩」も発見しつつ
(隕石という話もある)

天の川温泉

じゃじゃーーん。
「天の川温泉」にやってきました!

村営の温泉ですね、いわゆる。
バスの運転手のおっちゃんに聞いておいたんですよ~。

入館料600円。タオル200円。
やっぱり、杉の木の湯船です。建物そのものも、杉の木全面押し出し系ですね。

時間も早いので
貸切です!お湯も江戸っ子が好きな熱め!
完璧です!

冷え切った体も、いっきにほっかほか。
長風呂できない体質なので行水系ですが
念願の顔も洗い、歯も磨き(!)
ホコホコの体で館内を歩くと

畳の部屋発見!まさに休憩室、という名のただの部屋。
しかも、誰もいません。

日のあたる窓辺へ向かい、座布団を枕に寝ることにしました。

ZZZZZZZZ・・・・・

携帯で指定時刻をかけて、きっちり一時間。
夢もみない超熟睡。
起きたら、すごい人が増えてました・・・。

完全復活したのは意識だけでなく、
腹の虫。
朝から何も食べてません。しかももう昼過ぎ。


吉野景色④

天の川温泉を旅立ち、食事処をめざす途中
川の水がほんとにキレイなんです。


吉野景色③

むっちゃ、天気いいし。

吉野景色①

紅葉


吉野景色⑤

これも紅葉

吉野景色⑥

たぶんでなく、ぜったい紅葉

もう、完璧にいい気分です。
腹は減ってるけど、お風呂上がりだし、
快眠の後だし、
天気も空気もいいし!

絶好調ーーーー!


そして、天の川温泉を出発して約1時間後
やっとありつけたブランチ(?)は

吉野お昼

高野豆腐が具になってる巻寿司と甘いおあげが2枚も入ってるきつねうどんのセット。
関西テイストですな。

ごちそうさまでした。

神社前のバス停からは遠のきましたが、
京都へ戻れる最終バスの時間にちょうどいい感じで
吉野とおさらばです。

さあ、これから京都の夜を楽しみますヨ~

もちろん、続きます。


追記:東京に戻ってから天河神社のホームページを確認するが
   お問い合わせできるフォームなんて、ありゃしない!
   ガガーン。
   写真拡大して、郵送すればいいかな、あのおみくじの意味。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

> 表参道の美容室 さま
コメントありがとうございます!
楽しく読んでいただけるよう
これからも、工夫します!
アップが不定期ですが、ぜひ、お立ち寄りください!

No title

いつも面白いブログを楽しみに拝見しています!今後も応援してます(^O^)/
訪問ありがとうございます
プロフィール

コワタリ ユミコ

Author:コワタリ ユミコ
青森県出身。

まだまだ好奇心を
増やしたい。

増やした好奇心で
行動したい。

行動したら、感動したい。

感動したら、感謝したい。

そういう46歳で
ありたい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。