スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただ、ひたすらに

八幡平
※まだ雪の残る八幡平

世の中がゴールデンな日々を送る中、
再度、岩手入りし、現地での支援ニーズの拾い集めをやってきました。

今日で震災から二か月。

ガレキの山も片付き始めていたり
仮設住宅への引っ越しも少しずつ始まっていたり
役所の皆さんも、少しずつ落ち着きを取り戻していたり

いろんな問題が山積みではあるのでしょうが
冬から春へ、春から夏へ
季節が移りゆくように
少しずつ、少しずつ
状況が変わっていくことを感じとれたりします。


それでも。

それでも、まだまだ
本当の意味で。

春はまだまだ、先でもあります。
今回。

ご縁あって、混ぜてもらった団体で
役目をいただいていることはありますが

なぜ、自分がこんなに
そう、こんなに被災地に対しての思いが強いのか?

自分でもきちんと噛み砕かないまま
動いておりましたが
今回、少し考える時間もあり

被災地のガレキの山と
まったく違った意味でココロを奪われた
雄大な岩手山を望みながら
わかったことがあります。

わかった、というか
腹におちたこと。


そばにいてあげたい。
話を聞いてあげたい。
一緒に泣いてあげたい。
一緒に笑ってあげたい。

そう思ってしまったんだなあ。


役に立ちたい、
っていう、なんか立志的な功名心も
若干、まぶされている感も否めないけど・・・


一生懸命
生きようとしている人たちの
そばにいたいのだなあ、と。

応援したい?
見守りたい?

いや、
彼らの生きていこうとするチカラに
希望を見出したいのかもしれません。


参加してる団体での支援活動を通じ

自分の未来への希望を
自ら見出すことを
彼らから、教わりました。


一生懸命、生きる

ただ、それだけのことが
どれだけ難しく
そして、尊いことか。


だからこそ。

私のこれから。

一生懸命、生きる。


シンプルにそう、決意。


岩手山
※岩手山
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問ありがとうございます
プロフィール

コワタリ ユミコ

Author:コワタリ ユミコ
青森県出身。

まだまだ好奇心を
増やしたい。

増やした好奇心で
行動したい。

行動したら、感動したい。

感動したら、感謝したい。

そういう46歳で
ありたい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。