スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

希望のトモシビ

遠野


18日間の日程を終えて、先日、岩手から帰京。

ブログのアップもできないくらい、疲労困憊していたわけではないが
帰ってきたら、疲労度が増したようで数日間は使い物にならない体になっていた。

やっと、ブログをしたためる気持ちになったところ。


後半。仮設住宅に移られたお宅を訪問する機会に恵まれた。

クリーニング店を営んでいらっしゃったが津波がすべてをさらっていった。
が、ご家族はみな、無事だった。ご主人とお母様、息子さんと4人。
それが何よりだった、と笑顔でおっしゃる。


「オープンハウスなの!」

我々以外にも訪問者がいて、にぎにぎしい雰囲気の室内。
常にドアを開けたままにして、誰でも
いつでも、気軽に入れるようなところにしたい、という。


ご友人がつくってこられた「鍋焼き」という
お菓子を囲んで、談笑が続くその光景は
大げさではなく、神々しささえ感じるもので。

なんだか少し、圧倒された。
「希望」という灯ではないか。


助かった命をどう活かしていくのか?
談笑の場の話題は、笑顔にあふれながらも
「生きる」ための根源の話でもあった。


何もかも失って、それでもなお
その失ったことから、何かを学ぼうとし
また、そこから這い上がるチカラ。


人間はスゴイと本当に思う。


こういう方々がいるんだから大丈夫。
ワケもなく、そう信じれる。

こういう人たちの役に立つ、いやチカラの足しになる
何かができないか。

彼女たちに灯った「希望」の灯に
少しでも、火をくべられないだろうか。


何より、底抜けの明るさを放つ
その「笑顔」攻撃に、とにかくやられてしまった。

「絶望」の先には、必ず「希望」がある、と
かすかな希望を持てる、そんな時間を過ごせた。


今後、現地に行けるかはわからないが
こちらでできることは、続けていこうと思う。


希望のトモシビを消さないように。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問ありがとうございます
プロフィール

コワタリ ユミコ

Author:コワタリ ユミコ
青森県出身。

まだまだ好奇心を
増やしたい。

増やした好奇心で
行動したい。

行動したら、感動したい。

感動したら、感謝したい。

そういう46歳で
ありたい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。