スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かっこよさ

なでしこ

どおしようもないほど・・・

かっこ悪いおとな達の続出に完全に辟易している頃
かっこいいおとな達が、辟易さ加減を洗い流してくれた。

『なでしこジャパン』


NO TV生活によりオンタイムでないにしろ
決勝戦は観れた。

個人的には、PK戦での日本一番手、
宮間選手のゴールを決めた後のガッツポーズにため息が出た。

PK戦前、日本側ベンチが笑顔に包まれていることも。


この苦しいときに見せる 地に足のついた笑顔も
 なでしこ力(りょく)のひとつかもしれません



解説者の、よく聞くと意味不明なコメントも
なるほどねぇ、とうなずいてしまうほどの笑顔。

苦しい、というより本気で「楽しい」んじゃないか。
「楽しめる強さ」なんじゃないか。

いや、苦しんできたからこそ
楽しめる境界地点まで達したのだろう。


テレビ側は、敢えてお涙頂戴ものにしようとするが
選手達のあっけらかんとした爽やかな喜びのほうが
むしろ、かっこよさを増す。

So cool!



見習えるとしたら
いや、マネしようと思うなら
地道に苦しむことが必要だ。

楽(ラク)をしていては、楽しむことはできないのだから。


冒頭の写真はもちろん「なでしこ」。

花言葉は「純愛」「大胆」「勇敢」

ほっほう、な納得感。(ですよね?)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問ありがとうございます
プロフィール

コワタリ ユミコ

Author:コワタリ ユミコ
青森県出身。

まだまだ好奇心を
増やしたい。

増やした好奇心で
行動したい。

行動したら、感動したい。

感動したら、感謝したい。

そういう46歳で
ありたい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。