スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試されてる!




またしても、東北に足を踏み入れた訳だが
予定外に、ある方にお会いしに行ってみると
繋がる、繋がる。


私の後輩が企画している被災した子ども達向けの牧場体験
ココロから応援してくださっている方がいるという。

後輩の牧場の場所までは寄れないが、
その応援されている方は大船渡在住。
今回の東北入りのスケジュールにはとんと関係ないが
寄らせていただいた。
もちろん、飛び込み。

でも、全く問題なし!

「八丸牧場の八丸さんの奥さんが後輩で
しかも、今回の被災地の子どもたちの牧場体験企画を
私も応援してまして・・・
しかも後輩から、とっても支援してくださる方がいて!という
ことで、大船渡を何度か行き来してるものですから、
寄らせていただいたんですが・・・・」


怪しい・・・絶対、怪しいが
まったく、問題なく応対してくださる。


その方は、後輩の企画に趣旨賛同してくださり
地元の新聞に参加者募集の広告を載せてくださったり
しかも、記事も出してくださり
更に、申し込み受け付けもやってくださっている、という
筋がね入りの応援団だ。

他にも、いろいろできる支援を率先してやっていらっしゃり
その理由を尋ねてみた。

「応援するのが好きなんですか?」

するとその方は
『いやぁ、頼まれるとねぇ、断れないでしょ』

「ああ、そうですね、私もそうです・・・」

『イヤイヤやってるわけではないんだけどね。こう思ってるのさ。
頼まれゴトは、試されゴト




「なるほどですね!うむむむむむ」



久々に、唸ってしまった。
深い、いや。
ものすごいポジティブな心理だ。

やったことのある、なし、でもなく
なぜ、そのことで自分が頼られるのか?と不思議に思うことだってある。

そう、試されてたんだ!そうなんだ!
だから、チャレンジすりゃ、いいんだ。


断れない、お調子者と自分を卑下することも
たま~にあったが、
ぜんぜん、違う。

そう、試されてるんだから
やりゃあいいんだ!
やってみりゃあ、いいんだ!
だから、やるんだ!




と、ココロの中で唸りまくっていたら
「この本、俺の同級生が書いたんだ、よかったらどう?」

その同級生は地元新聞社の記者の方。
岩手県出身でモスバーガー創業者の櫻田さんの物語を本にされた方。

たまたま、後輩の牧場企画の広告&記事の掲載された新聞に
我々がお世話になった地元のボランティアの方が載っており
新聞社に問い合わせして、その時の新聞をもらいに行こうと思っていた矢先。


その方は、本を買ったお礼(?)に、その本の著者に
その場で連絡してくださり、お話を聞きにいくことができた。


必要だった、記事掲載されていた新聞もいただいた。

絶対、本へのサインはしない!と言っている著者なのに
強引に本にサインもしていただいた。


その本の著者であり、新聞記者である木下氏。

何も、ボランティアと言って、肉体労働したり無理に何か役に立とうと
しなくてもいいんです。無理しなくていいんです。
ぜひ、現場に来て感じてほしい。考えてほしい。
そして、そのことを友達や、同僚や家族に感じたままを話してほしい。
それでいいんです。それだって、大切なことなんです



うむむむむむむ。

温厚を絵に描いたような木下氏の話に、またしても唸る。



他人の想いを聞くのは、感じること。
久々に、唸りまくった日。


今までと変わらないが、その背景は変化した。

頼まれたら、とりあえず受けよう。

よっしゃー!試されてる!
と思って。


そして、試される機会に感謝しちゃいますか。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問ありがとうございます
プロフィール

コワタリ ユミコ

Author:コワタリ ユミコ
青森県出身。

まだまだ好奇心を
増やしたい。

増やした好奇心で
行動したい。

行動したら、感動したい。

感動したら、感謝したい。

そういう46歳で
ありたい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。