スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツナワタラー

金木犀

今、お手伝いしているシゴト先までは自転車で通っている。
ものすごくいい香りがする箇所がいくつかある。

"キンモクセイ"だ。

本当にすっごくいい香りで、
秋空のもと、天気がよい日は
それだけで爽快な、ちょっと甘いよい気分になれる。


むか~しは
トイレの芳香剤の香りとしての"キンモクセイ"でしかなく
印象がまったくもって、というか申し訳ないが悪かった。


でも、キンモクセイの香りを感じながら
シゴトしにいくなんて
実は、そんなになかったんじゃないか?と。


キンモクセイがなかったか?
いやはや、感じる余裕がなかったか?
もう、すっかり秋なのだな、としみじみ季節を感じる一方で
もう、既に10月かよっ!という
一年ももう終わるじゃないか、と現実をおもんぱかってみたりする。

よくよく考えると
綱渡りな生活をしてきているものだ。
我が人生の中で、マックス綱渡り(たぶん・・・)。


“怒”で始まった今年。
よくよく振り返ってみると

一身上の都合でシゴトを辞める → チョット選挙の手伝い → 震災 
  →本格的に選挙の手伝い →ボランティア(現在)

怒 → 哀 → 楽 → 喜

喜怒哀楽の並び順の“怒”で始まったとするならば
今年は“喜”で終われそう?


かなりポジティブ・シンキングなツナワタラー(綱渡りなヒト)である。
コワタリとツナワタリ・・・似て非なるものなれど
親近感はたぶんにある。


生活するのにツナワタラーであるくせに
精神的には、めっぽう五感をフルに使い
感じれるものを感じまくって
一生懸命睡眠し
おいしくモノを食し


こうやって、秋の夜長
筆をしたためている、というのは
なんとまあ、おめでたいことか。


そう、おめでたすぎる、な。
“オバカ”である。


しかしまあ、来年をどう始めるか
ちょっと真剣に考えている。

同じツナワタラーかもしれないが
今年とは、ちょっと違うツナワタラーになることを
そう、決めなくてはなるまいなぁ。


まあ、しかし。
ここでは既にあせっても仕方なし。
と、若干、投げやり?ヤケクソ?気味ではあるが


とにかく。

「喜」で終われる今年のコト。
そして、来年をどう始めるかというコト。

ちゃ~んとしますので。



ちなみに・・・。

“キンモクセイ”の花言葉。
「謙遜」「真実」「変わらぬ魅力」


ほっほ~。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問ありがとうございます
プロフィール

コワタリ ユミコ

Author:コワタリ ユミコ
青森県出身。

まだまだ好奇心を
増やしたい。

増やした好奇心で
行動したい。

行動したら、感動したい。

感動したら、感謝したい。

そういう46歳で
ありたい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。