スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都だもの

2011_1125_092512-IMGP1642_convert_20111201220205.jpg

師走です。しかも、寒っ!

凍えるココロをあたためようと
遅まきながらの、京都旅の写真整理。


2011_1125_092416-IMGP1640_convert_20111201220133.jpg 2011_1125_091309-IMGP1622_convert_20111201220035.jpg 2011_1125_093640-IMGP1664_convert_20111201220231.jpg


まだ、20代の頃。
同期の3人で京都に行ったとき、贅沢にも観光タクシーを使った。
その時、連れてってもらったところなのだが
寺の名前も、そのありかも、何も記憶なく。

「お地蔵さんがたくさんいた!」ことのみ。


どうしても、そこに行きたくなって
ぐぐってみた。

『京都 たくさんのお地蔵さん』

で、ヒット!。

ここは愛宕(おたぎ)念仏寺

清滝の手前にある、結構山深い方向。

そうそう、確か当時は桜の季節に行って
山の方なら、まだ咲いてるよ~と言われて
連れてきてもらったのだった。


当時の記憶も薄れつつあるが

イカシタ運ちゃんで
若い女性客に受けそうな話をしてくれたものだった。


この中で3人のお地蔵さんをぱっと選んでみて、と。

最初が自分(に似てる)
二番目が好きなひと(に似てる)
三番目が結婚するひと(に似てる)

だから、三番目の顔をよ~く覚えておいた方がええよ!

的なことを言われたと思う。


既に40代に突入している我々。
ひとりは、×イチか×ニ。
ひとりは、未婚。
唯一、ひとり結婚し子どもがいる。


しみじみ思う。
人生いろいろ、島倉千代子なのである。



たくさんあるお地蔵さんの顔をひとつひとつ楽しみながら
ぼーっと過ごした。

桜の季節ももちろんよい。


とにかく、寺が判明してよかった。
もう、忘れまい。

2011_1125_154717-IMGP1740_convert_20111201220349.jpg

2011_1125_154301-IMGP1735_convert_20111201220307.jpg 2011_1125_154642-IMGP1738_convert_20111201220801.jpg


そして、私がこよなく愛する東福寺

いつもは、朝一で観光バスを避けた静かな時間帯に行ってるのですが
今年は夕方に。

盛りだくさんな観光客をさけつつ
とにかく絶景ポイント「通天橋」でぼーっとする。

東京は震災以降、原発に恐れをなしてか
海外観光客が瞬時に消えてしまったが
京都には、もりだくさん。

アジアンな方々の写真撮影は独特のポージングがあり
それを観ているだけでも、結構、楽しい。

まあ、何しろ
今回の東福寺の紅葉はベストタイム!

ほんとに、よかった!


2011_1125_190701-IMGP1776_convert_20111201220439.jpg

清水さんは、実はまだ紅葉し始めの状況で
しかし、人だけは盛りだくさん。

とりあえず、「今年の漢字」を投票して後にしたのみ。
本当は、ライトアップに来ようかと思っていたのだが変更。

ライトアップは高台寺に。
ねねさん(北政所)の建てたお寺。

わかりにくいが、写真は池に景色が映ってるもの。
うまく撮れたのが、これだけ(-_-;)

そして夜の高台寺。
ぼーっとできる場所がありません・・・・


ということで

桜の季節もまた、来よう!




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

> mikaさま

何日間か滞在できるなら、京都はとにかく、朝!朝行動すれば、人は逃れられるね。

No title

紅葉の京都は、樹木より人が多いよね(^_^;)
でも、やっぱりあの独特な空気感に触れたくなるんだよね、日本人は。・・・っていうか、外国人もか。
訪問ありがとうございます
プロフィール

コワタリ ユミコ

Author:コワタリ ユミコ
青森県出身。

まだまだ好奇心を
増やしたい。

増やした好奇心で
行動したい。

行動したら、感動したい。

感動したら、感謝したい。

そういう46歳で
ありたい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。