スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基本中の基本。

建ぺい率である。

家工房に入社してすぐに、「ケンペイリツ」という言葉に「???」
漢字すら浮かばない。今でも「ペイ」をしっかり漢字で書けない。
そもそも、納得いかない!

モノの本によると・・・
「建蔽率(けんぺいりつ)とは、敷地面積に対する建築面積の割合をいい、容積率(ようせきりつ)とは、敷地面積に対する建物の延べ床面積の割合をいいます。その限度は都市計画で定められています。」

なぬ!?都市計画で定められている??しかも、「容積率」がオマケでついてきた!?
つまり、どうだというのだ!
つまりは、30坪の土地を持っていても、30坪いっぱいいっぱいには家は建てられん!ということらしい。仮に、都市計画的に『60/200』と決まっていたとする。(『60%=建ぺい率』『200%=容積率』という表記。)30坪の土地であるならば、『60/200』=『18坪/60坪』。
つまり、敷地面積30坪のうちの建築(建てられる)面積としての18坪に、延べ床面積60坪になる建物なら、建てていいよ!と。3階建てくらいは建てられそう!
いや、どうせなら、建築面積20坪の3階建ての方がいい!といってもできないのである。なんせ、建ぺい率60%なのだから。

なぜなんだ!何で、こんなことを決めるんだ!というか、土地いっぱいいっぱいの家を建てさせろ!納得いかないぞ!

「建ぺい率」曰く。
『みなさんが、敷地いっぱいいっぱいの建物を造ったら、空地(くうち)がなくなっちゃうでしょ。息苦しいでしょう。お隣さんとくっつきすぎたら、火事のとき燃え移っちゃうでしょう。過密化を防ぎたいのよ。いろんな意味で。そりゃー、率は上げてあげたいけど、むしろ環境は悪くなるよ、結果的にはね。』

納得はできた。つまり、皆が快適な環境を共有するためには、ルールが必要なのだろう。
が、それにしてもだ。これら以外にも、いろいろな制限が盛りだくさんに建築基準法に定義されまくっている。もちろん、制限だけでなく、緩和措置もあったりする。(緩和措置をうまく使って、ご提案するのが、我々のシゴトのひとつかな?)

にしてもだ。
私が感じたこと。もし、土地の購入を検討する場合。事前に役所に行って、購入予定地の都市計画を確認すること!
でないと、想像していたよりも、思いっきり狭い家しか建てられん!ということになりがち。知っているのと、知らないとでは、これは大違いなのである。

ところで、実家は「都市」ではないが、「都市計画」なるものはあるのか???「農村計画」だったりして・・・と時限の低いことを考えている。地元役場(役所ではない)に、実家の建ぺい率やら確認したいが、噂が広がりそうで、躊躇している今日この頃。実家の建替え計画、初期段階にて、「噂」問題で難航。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

yurim さま
レス遅れました。いつもありがとうございます。
そもそも日本は国土的に狭い、というのはありますが、都市部への人間の集中ということが、過密化させる起因のひとつでしょうし。
自分たちが住む家、という考え方で、「自分たちが住めてれば十分だよ派」が一般的。でも、今、住んでる自分の家が、100年後の風景の中に残っている、と考えてみるのはどうだろうか?が、最近の目下の私の思考です。価値はないかもしれないけど、風景に残っている、というのはちょっとよいと思いませんか?

甘栗さま
レス遅くなりました。いや、もっといろいろあるんですよ。「北側斜線」とかね。でも、ほんとにこういうシバリは、「皆のためのルール」なので必要なのものなのですが、なかなか素人的には、ウムムと考えさせられるものでもあります。しかし、これらをきちんと反映して建築しないと、いわゆる違法建築物になってしまうわけで。だから、非常に重要です。そして、田舎ならではかもしれませんが、「噂」問題は、結構、大変です。乞うご期待!

知らないと損することが多い世の中。
後の祭りにならないよう、勉強ですね。
それにしても外国と比べ、日本の住宅は隣との距離が無さすぎて圧迫感がありますよね。土地の問題もあるんでしょうけど。
外国の家に比べ築10年ともなると、結構古く感じられるのも気になります。年月とともに味のある家って、、憧れですよね。

ワタシは勿論、建ぺい率という言葉初耳でしたが、
知ってみると納得だなーと思いました。
いつか家を建てる機会があったら、この知識を自慢げに披露します
(多分ないので、家を建てる友人が現れるまで忘れずにとっておきます)

それよりも何よりも、最後で爆笑しちゃいました。
このブログの更新が最近かなりの楽しみです!
訪問ありがとうございます
プロフィール

コワタリ ユミコ

Author:コワタリ ユミコ
青森県出身。

まだまだ好奇心を
増やしたい。

増やした好奇心で
行動したい。

行動したら、感動したい。

感動したら、感謝したい。

そういう46歳で
ありたい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。