スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集中、集中・・・

 新年に誓った(?)、英語力の鍛えなおし!
本日から、某K●MONの速読なるものを開始することに。

某K●MONに行くことにした!と友人らに言うと、「大人の教室もあるんだ~」とか、「講師で?」とか、やはりCM効果バツグンで、小学生が通うイメージがあるらしい。

 が、私が通う教室には、多くの大人と言われる年齢の人が多勢。たまに、高校生かな?と思う若者も見かけるが、なんのために通っているかは分からないが、みんなえらいなー、と他人事に感心したりする。
 50歳代と思われる、「おっちゃん」っぽい人もいて、少し安心(?)したり、まあ、とにかく今日が初日だ!

 いざ!

 某K●MONに通ったことのある方ならイメージしやすいだろう。とにかくモクモクと自習のごとく、進めていくのが方針だ。不明な点は、後ろに控える講師に聞けばいいし、考えようによっては個人授業といってもいいかもしれない。自分のペースを進めながら、たまにアドバイザーのお姉さんに、「もう少しココがんばりましょう」とか進め方のチェックをされながら、いづれにしても、自分でやる、もの。

 初日の私は、作法がわからず、なんだかイチイチ確認したり、とんちんかんな質問などしたりとやや、てんやわんや気味だったが、後半になると、なんとなく、流れをつかめた感じ。一ヶ月くらい通えば、きっと家での学習も含め、リズムが作れるのではないか?とタカをくくってみたりした。

 体験学習時、私のレベルチェックをしたが、まあ中の下くらい。中学生知識くらいだと踏んでいる。これをどんどんレベルアップしていくのが重要=継続が重要ということだ。

 速読のポイントは、英語を英語のまま認識する、という英語圏ではあたりまえのことを、ここでもあたりまえにやるだけ。不明な単語があっても、そのまま進める。単語の意味、というよりは、その文章全体の構成を想像力も膨らませて、つかむ、というようなもの。

 難しいとかではなく、「慣れ」なのだ、と言われた。そういう訓練をすればいいのだ、と。
 確かに分厚い小説(日本語)を読むときも、いちいち不明な言葉を辞書で引いたりはしない。話の前後でなんとなく、こういうことかな?と推測で読み進めていく。それと同じことで、それが普通のことだという。もちろん、推測だけで生きてはいけないから、しっかり語彙力はつけるのだけど、少なくとも、わからない単語が出てきてもビビル必要はない!というのが、ベースにある。

 ニュージーランドで通った英語教室を思い出した。地元紙を使った授業は、全体をつかめ!というのがいつものアドバイスで、自分で選んだ記事の内容を、他の仲間に伝えるというもので、なかなか苦戦したが、後半は結構、コツをつかんで、わかる語彙だけで説明した記憶がある。

 プリントをこなしていく、というそれこそ、小学生時代に戻ったようなものだが、たった10枚やるのに、1時間半もかかってしまい、というかそこまで時間が経っていることすら気づかず、集中していた自分に、ちょっと驚いた。

 帰りは、かなり疲労感もあり、ぐったり。
家に帰って復習もする必要があるのだが、ぐったりついでに、寝てしまった・・・。
 集中力など、久しく使っていなかったものだから、脳の疲労もそうとうなのかもしれない。

 若干、先が思いやられる集中力である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

英会話でなく、速読です・・

imano さま
コメントありがとうございます。
英語は、週2回という始めてみると、結構過酷な状況に入っていますが、とりあえず、進んでいます。TOEICで現状の実力を測り、その後効果があるのか、もっかい受けようかと。復習と予習が重要なのですが、気合いを入れないと難しい。3ヶ月が勝負!と思って奮闘中です。まだ、英語脳にはなってません。

どうですか?

英会話、その後どうですか?

80yukiko さま
わからない単語に「う~~~むむむむ」と止まっていられないのだよ。とにかく先に進んでいくのだけど、これも人生的試練と似てるかな?

推測、憶測、先読み、予想・・・これだけでも不可、これがなくては不可。
英語も人生も似たものがありますなっ!
訪問ありがとうございます
プロフィール

コワタリ ユミコ

Author:コワタリ ユミコ
青森県出身。

まだまだ好奇心を
増やしたい。

増やした好奇心で
行動したい。

行動したら、感動したい。

感動したら、感謝したい。

そういう46歳で
ありたい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。