スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月13日 帰国願望? 

※近所の風景 朝

DSCF0191_convert_20120714002031.jpg

海外に旅行に行ったり、暮らしたりしても
日本食を恋しく思ったり、早く、日本に帰りたいと思うようなことは
あまりなかったと記憶している。

ハワイ
タイ・ネパール
シアトル
ボリビア・ブラジル
ジャマイカ
ニュージーランド
韓国
瀋陽
ニューヨーク
そして、今ベトナム

ネパールであまりのカルチャーショックに無口になったり
ブラジルで腹痛で死にそうになったり
ジャマイカでギャングにナイフをつきつけられたり
ソウルで雨漏りのしそうな宿に泊まったりしたが

ああ、いいトコロだったなあ~と思って帰ることができている。

何故か
水が合うのか、水を合わせられるのかわからないが、
おいしいものしか食べないことになっている。
そして、必ず悪いこと以上に、感動することがあって
最終的には、「いいところだったなあ~」となる。

住めば都というが、ニュージーランドもそう。
住むとよいところがどんどん増える。
もちろん、ベトナムもそう。


逆に離れるとわかるのが、もちろん
我が国、日本。

そして、限定していうなら
新橋の烏森口にある『鳥小屋』。

急に食べたくなる時があるのだ。

悪いが、19歳から通わせていただいている
のっぴきならないお店だ。
田舎娘が上京して驚いたことは
「東京にはおいしいものがいっぱいある!」だった。

「鳥小屋」さんはそのひとつ。
焼き鳥を塩で?そんなコジャレタ食べ方、青森にはなかったです!

鶏そぼろ丼?言葉がでない!!!!!!

若年での感動は生涯の記憶に残るというが
職場が変わろうがどこにいようが、東京近辺にいれば
とにかく、足が向いたお店。

頻度がどんどん減っていて申し訳なかったが
それでも、マスターはいつも快く迎えてくれた。

ミラクルの話。
ずいぶん前だが、中学の幼馴染が上京するということで
もちろん張り切って「鳥小屋」さんにつれて行った。

実は知らなかったが、彼女は鳥が嫌いだったというのだ。
が、それはお店を出た後で話してくれたことで
「ええええええーーー無理させた?」と悲観にくれる私に
彼女は
「かなりいい肉使ってるよね、きっと。全然、いやな匂いしなくて
私が食べれたもん!」と。

そうなんですよ、そうなんですよ。
とにかく、おいしいんですよ。

こだわりのマスターがこだわったものを
出してるお店なんですよ。

と、改めて「鳥小屋」の実力を感じた次第。

ベトナムに行く前にも、もちろん寄らせてもらった。
久々だったが、やっぱりおいしかった!


実は、数年前「鳥小屋」でナンパされたキドさんから
今年も「モリキド寄席」のご案内が届いた。

残念ながら今年はうかがえない旨のやりとりをした中で
マスターからもメールが!
「早く帰ってきて元気な姿を見せてください!」には
思わず、そうしたい衝動に....そして、焼き鳥が・・・


まあ、当面は角のおばちゃんの焼き鳥で我慢するよりなく
いたしかたなし、と思うよりなく


帰国したら、絶対寄ります!もちろん!
キドさんにも、会えるかな~


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

>若ちゃんの妹 さま
よく、若ちゃんと行ったお店です。行ったことあるかな?お父上もよく行かれていたお店ですよ。
ホントにお店でナンパされて(笑)、それ以来、喜多八師匠の落語、よく聴きに行ってました。
愛媛。20歳の頃、一度行ったきり。しかもほぼ素通りでした。電車からミカン畑のみみてましたね。
あれ?高知ではなかったですか?愛媛でしたか!
帰国の折はよろしくです!

えええええ!!ナンパされたの~♥♥
寄席に行って、確保してきましょう♥♥
やっぱり、、、かえるのは東京がいいの?ですか?
愛媛も待ってます♥
訪問ありがとうございます
プロフィール

コワタリ ユミコ

Author:コワタリ ユミコ
青森県出身。

まだまだ好奇心を
増やしたい。

増やした好奇心で
行動したい。

行動したら、感動したい。

感動したら、感謝したい。

そういう46歳で
ありたい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。