スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月27日 セクハラ・タクシードライバー

すっかり、涼しくなったと思ったが
実は、じめついていたりもする、ここハノイ。

今週は夜中の雨が多かったせいもあるけどね。


今日は、IT関連企業の月例会の日。
いつもの場所と違う、遠い場所だったり
雨が降っていたりもあって、タクシーでいくことにした。

タクシーでも30分くらいかかってしまう場所。
夕方だから道も混んでるし、な

と思いつつ拾ったタクシー。

覚えたての
「〇〇までお願いします!」も普通に通じて
いい気分になっていた頃。

ドライバー、おもむろに後ろを向き
執拗に、助手席を薦める。
手をバシバシたたいて、こっちがいい!

いわゆる座席にしく、丸い球のいっぱいついた
肩こりとか、背中こりとかに効くようなやつ。

どうでもいいけど、と助手席に移動。

まあ、お愛想で
「ザッ トット!ザッ トット!(いいねえ、いいねえ)」
と言ったことから
会話がスタート!

カーンのゴング音。

「どっからきた?」

「日本人です。」

「肌の色が白いね、俺のは黒い」

「日本人は白いです」

「ヴァンフック通りでいいんだね?」

「バックコアに住んでいます」

若干、かみ合っていないものの
会話が弾んできた!

と思ったら・・・・・

「結婚してるのか?」

「いいえ」

「どうして?」

「わかりません」


そのうち・・・・

「とてもきれい。とても、とてもきれい」

「ありがとう・・・・」

「俺とお前は一緒にカフェにいく!」

「いいえ、行きません」

「どうして?」

「いいえ」

その会話の繰り返し、プラ~ス、腕をさすってくる。

信号で止まって、握手を求められて
握手すると、その手を口に持っていこうとする。

「俺とお前は一緒にカフェにいく!」

「いいえ、行きません」

「どうして?」

「いいえ」

そして、私に触れようとしたら
すぐさま
「ダメ!」

そのうち、全部
「ダメ」「いいえ」を繰り返していると

「どうして、ダメばかりか・・・」

仕方がないので、喫煙は許可。
そしたら、近寄れないしね。

すると、
「年はいくつ?」

きたーーーーー!この質問を待っていた。
たぶん、私は若く見えるので
このドライバー、こう見えて30歳前半くらいだから
その年齢差に愕然とし、もう
近寄ってこんだろう!と脳内想定。

張り切って
「42歳!」と答えると

「俺は2個下だから、ちょうどいい!俺は40歳!ちょうどいい!」

年齢格差失望計画・・・やむなく失敗。


しかし、時々
ここまっすぐいくとタイ湖だよ!
いっしょにいくか?

と余計な誘いも混じるが
ハノイ観光が始まったり

次は左へ曲がるから、とかいちいち説明してくれる。

そして、夕飯食べてないから
お腹がすいた!
一緒に食べにいくか?

とにかく、まくらことばのように
勧誘が入る。

が、すべて「khong!(いいえ!)」

そのうち
英語で
「アイ ラブ ユー、アイ ラブ ユー」が始まり
こんどはこっちが
「なんで!?」と問いただすことの繰り返し。


そんなことを繰り返しながら
冷めた頭の中で考えていたことは

(そうか、国際恋愛や国際結婚って言葉が通じない分、
相手のことわかろう、わかろうとするから成立するんだ)

とか。

(しかも言葉が通じない分、シンプルな言葉になるから
伝わりやすいんだなあ)

とか。

(やっぱり現地の人と話さないとベトナム語は上達遅いや・・・)

とか。

腕おさわり攻撃をかわしながら
ふむふむ、と熟考したわけである。


摩のセクハラタイムがやっと終わりを迎えた。
目的地に到着である。

助かった~。

「アイム ソーリー、ベリー ソーリー」
と私が気を悪くしたことに反省したのかと
握手を返すと、またも口に持っていこうとする!

「いいえ!」

「グッバイ!アイラブユ~!」


セクドラ(セクハラドライバー)のおっちゃん。
快く、領収書も切ってくれた。

そして、端数がないなあ、と財布の中を探していると

「必要ない!」とニッコリ笑っていう。

なに、おまけしてくれんの?!

「俺とお前は一緒にカフェにいく!」

最後まであきらめない、その精神
感服すらする。


「いいえ!タンビエット!(さようなら)」
とバイバイして、タクシーをすみやかに降りた。



42年間生きていると
いろんなことがあるもんだ。

ジャマイカに後輩と行ったとき
駅へ向かうクサッパラで
5~6人のギャングに囲まれ
ナイフを向けられ「マネー!マネー!」と脅された。

そんときとおんなじくらいの
密着した緊迫感?


そう、運よく
本当に運よく、危険な目にあっていないだけだけど。


まあ、とにかく。
今日も、ちゃんと生きていた、と思うことにしよう。


セクドラのおっちゃん。
悪い奴じゃあないけど
ジャパンじゃ、お縄になっちゃうよ!マジで。


明日からもセクハラ・ドライビングをするのかと思うと
笑えるけどね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 初コメかな~

>同名の実どの

おおおおおお!まじで?コメントありがとう。

まあ、でも殺意は感じなかったからさ~
こっちのスタッフの子に話したら
「危険ではないが、変な人」

ということで決着しております。(笑
変人も怖いが・・・


初コメかな~

幸せを感じるにも、危険を感じるにも、その人の経験値で
「幸せだなぁ~」とか、「キ!キケンだわっ!!」とかを思うんでしょうねぇ

> 本当に運よく、危険な目にあっていないだけだけど。

??私に言わせれば、「キミは、十分危険な目にあっている」よ。
訪問ありがとうございます
プロフィール

コワタリ ユミコ

Author:コワタリ ユミコ
青森県出身。

まだまだ好奇心を
増やしたい。

増やした好奇心で
行動したい。

行動したら、感動したい。

感動したら、感謝したい。

そういう46歳で
ありたい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。