スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月29日 半年です


Facebookへの投稿のほうが楽チンで
おざなりになっているBlog・・・

本当に面目ございません。


なんだかんだいいながら
ベトナムにきて半年が経ちました。

こちらはそんなことはないですが
日本はもう、ちらほら
年の瀬の話など出てるでしょうねえ。

2012年も終わります。

そういえば、
2012年でこの世の終わり的予言っぽい話もありますね。
終われるものなら終わってみろ!

・・・暴言?


ここ最近のことをまとめてみようかと
思います。



最近、大家さんとも日常会話はできるようになりました。
もちろん、しどろもどろですが、なんとか
向こうの意図がわかるようになったのが大きいです。

こちらの返す言葉は単語ですが・・・。


週3回通う事務所の受付のお姉さん。
怖いほうのお姉さんも、挨拶を返してくれるようになりました。

これはすごい、進歩です!(笑

毎日、返礼がなくても挨拶し続けたかいがあります。
しかも、笑顔で返してくれます!


日本語クラス。
衝撃のデビュー!から早、半年。
だいぶ、板についてきたようにも思いますが
ちゃ~んと教えるための
勉強をしたい、と思うようにもなってます。


ベトナム語。
もう少ししっかり時間を費やしたいと思いつつ
そう、簡単にもいかないのですが
とにかく、伝わる言葉と
思いをプラスして、コミュニケーションは
とれるようにしていきます。

竹島問題がある中、クラスメイトの韓国人Choeさんも
いつもニコヤカに接してくれます。


そして、ベトナム。
なんの思いいれもないままきたこの国は
ちゃーんと私を受け入れてくれました。

ありがたいことです。

おせっかいな人が多いな、という印象は
初見と変わっていませんが
そのくらいのほうが
私にはいいのかもしれないな。


その実
甘えることに慣れていない生き方をしてきた私に

「甘えていいのだ!」といってくれるわけで。


ベトナム料理は、甘すぎもなく辛すぎもなく
おなかにも体にも優しい食べ物が多いと思います。

同じお米の国だから
日本人の口にも合います。

でも、味付けは
自分の好きなようにできるように
たくさんの種類のソースがあります。

そこに個性がでます。

半年いて情が出てきたことは間違いないですし
贔屓目になっていることは間違いないですが

ベトナム人は
料理のように
ベースはふんわり優しくて
人によっては
ピリカラだったり
あまあまだったり

でも、とってもわかりやすい人たちなので
ストレスになることは
ほとんどありません。

そういうところは
見習いたい。


日本語クラスのスタッフたちが
いつでも私に言うことば。

「センセイ、ダイジョウブ!」

何がどのくらいどうで
ダイジョウブなのかの根拠はないんだけど
彼女達のいう「ダイジョウブ」には
安定感があるんです。

そう、だから私もマネして
「Khong Sao」を連呼しています。

ダイジョウブ!もんだいない!

ダイジョウブじゃないことも
多々あるけどね。

まあ、とにかく
なんとか半年、経ちました。

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【10月29日 半年で】

Facebookへの投稿のほうが楽チンでおざなりになっているBlog・・・本当に面目ございません。なんだかんだ

コメントの投稿

非公開コメント

アリガトウ

スウ さん
コメントありがとう!
そっか、はじめての一人旅か!そう、緊張するよね。でも、絶対助けてくれる人がいるから。
そこは自分の嗅覚を信じて!どこに行くのかはまだ内緒だよね(笑
とにかく、死なないように楽しんでください。

ベトナムはもう少しいると思いますよ!

もう半年に

なりましたかぁ〜。

ずっと海外で働きながら住むのって憧れます(o^^o)

4年前にタイへいったときは国際空港より友達同行だったんで、安心してましたが、

今度の海外は初めて一人でバスとか行動するのでドキドキハラハラの気分かな笑

スウにとってチャレンジ‼(*^_^*)

ベトナムにはどのくらいまで働くんですか?
訪問ありがとうございます
プロフィール

コワタリ ユミコ

Author:コワタリ ユミコ
青森県出身。

まだまだ好奇心を
増やしたい。

増やした好奇心で
行動したい。

行動したら、感動したい。

感動したら、感謝したい。

そういう46歳で
ありたい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。