スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誕生日を迎えると・・。

 先週、自分の誕生日だった。

なんと、今年からわが社でも、「お誕生日パチパチ会」を個々人向けに祝ってくれる、ということで朝礼の際、お祝いしてもらった!
いい年をして、と思うが、祝ってもらうのはうれしいものだ。

 その日、夜は年の近い友人たちと、誕生日だと言ってフンダンに飲み食べし、イヤ、誕生日じゃぁなくったって、飲み食べはしてるのだけど、まあ多めに飲み食べし、今後の人生の抱負を語りあった。
 翌日は後輩が誕生日でおごってくれるというので、これもまた、多いに飲み食べした。誕生日と聞きつけたお店から、おまけのアイスクリームがついたりもして、大満足!
 なんだか、非常にハッピーな誕生日だった。

 いや、飲み食べしたことが、ではなくみなに、祝ってもらうというのは、本当にうれしいものなのだなぁ、、とシミジミ。



 
 そういえば、、ということではないが、誕生日といえば。

 2月は父の誕生日である。イヤ、毎年何もしていない親不孝であるゆえ特に何も考えてはいなかったが、今年で定年らしい。正月帰省の際、母から聞いた。

 父もいろいろあったのだろうな、と思う。
いや、思うというのは、特に何も聞かないし、話さないのでわからないだけなのだが。父はとにかくたいていのことは、自分ひとりで決めて実行してきた人だ。まさに大黒柱でやってきた。

 家に戻ろうともしない娘姉妹に期待することもなく、もう20年前から患っている母の代わりに家事をしてきたり、10年前には自分が大病して、恐らく死をも覚悟しながら大手術をし、その後も驚くほどの早さで会社に復帰したり、、、。

 私が小さい頃でも、二度ほど転職していた記憶がある。
まだ、その頃は畑もやっていたので、家の家長として、夫として、父として、会社員として、ものすごい責任感まっただ中に、ありのままを受け止めていた父。実際、私の今の年齢の時は、既にそういう状態だったわけで・・・。

 いや、父達の世代は本当に、すごい、と思う。実際、マネしたくないな、と思ったりしていたが、むしろ、マネなどできないのだから。

 今後の父の生活について、母親はいろいろ勝手に心配しているようだが、父は父で、きっと勝手に決めているのではないか・と予想できる。そういう父だった。そういう父を見て、私も生きてきている、と実際、感じることは多いにあるのだから。


 少しでも親孝行のようなフリもできるが、今回は、フリではなく、きちんと手紙でも書いてみようかと思っている。
 きちんと背中を見せて生きてくれてありがとう!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

若い頃は・・・

yurim さま
若い頃は、自分ひとりでなんでもやってきたように思い込んだりしていきがっていた(死語?)もんですが、私も実績はともなってないですが、親の気持ちがわかるようになったんですかね~っつか、そういうお年頃ということですね。

娘の誕生日は、「よくここまで健康で育ってくれました!」と祝い、私自身も出産時の事を思い出して自画自賛。
何年かして、娘から「お母さん!産んでくれてありがとう!」なんて言われたら、きっと号泣するだろうな・・・・・・。

ちょっと緊張・・・

80yukiko さま
あまり不慣れなことをすると、矢でも降ってきそうなので・・・(笑)、まあ妹とも相談して、でも手紙くらいは送ろうと。ちゃんと育ててもらいましたので・・。

それまでそんなことはしたこともなかったのですが、こんな私も、昨年の自分の誕生日のとき、お礼と感謝の手紙を親に出してみました。なかなかいいものでしたよv-16

imano さま
ありがとうございます。粛々と生きてみようと思っております。

お誕生日おめでとうございます。
とってもいい日でしたね。
新しい一年が最高にハッピーでありますように。
訪問ありがとうございます
プロフィール

コワタリ ユミコ

Author:コワタリ ユミコ
青森県出身。

まだまだ好奇心を
増やしたい。

増やした好奇心で
行動したい。

行動したら、感動したい。

感動したら、感謝したい。

そういう46歳で
ありたい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。