スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月7日 ノウギョウをベトナムでイトナム

スポンサーサイトが出るほど、放置してしまった・・・。

どうも、Facebookの方が簡単だから
易きに流れがち・・・

読者のみなさん
申し訳ございませんでした。



さて。

DSCF1366_convert_20130607142048.jpg


たま~に
ランチさせていただいている
ジェトロの方から
新鮮生タマゴのおすそわけが!!!!!

「ご飯にかけて食べられるよ~」

DSCF1368_convert_20130607142155.jpg


さっそく、飯を炊き
かけて食べました!

ひっさびさの味~
おいしい~

おかわりして2杯食べました。
今日の昼ごはん、たまごかけごはん!(のみ)



ベトナムで農業を営んでいらっしゃる
日本人の方々がいる、と
このジェトロの方からきいており・・・

このタマゴも
日本人の方によるものだそうで。

おいしい、ほんとにおいしい。



そういえば。

千葉の上総一ノ宮でお蕎麦屋さんをやっている
店主から

「ベトナムでソバを育ててたりしないのかな?」

と問われていたこともあり
尋ねてみることにした。


そのお知り合いの農業をやられている方に
きいてみてくださるという。

ソバは寒いところのほうが育つので
ベトナムはどうか?とも思ったが

山岳部はかなり気候的には涼しく

また、ジェトロで農業取材に行った際
ソバらしき植物を見たことがある、と。
ただし、野生のものだけど、とおっしゃる。


そんな話の流れで教えてもらったのが
ベトナムでお茶をつくっている
日本人がいるという。


へえ~
「なんか有名なパティシエがオーナーになったらしくって
サイトでお茶、売ったりしてるって」

さっそく、チェックしてみると

あの人気パティシエ・辻口博啓氏が
そのお茶農園のオーナーで「辻口茶園」という名になっており

なんと!
天空の辻口茶園』として商品化されている。


ほっほ~

農園の働き手は
山岳地帯の少数民族の方々。

お茶はほぼ、無農薬だそうな。

ふ~ん。


そうこうしていると
ジェトロの方から、ソバの回答が。


Son La省の北部(サパの方)と南部(モクチョウの方)を
隔てる山岳地帯で育てているとのこと。
ただ、種類は日本のものとは異なり、
花は白ではなく、ピンクっぽいとか。

食べ方は、「そばがき」のようにして食べるらしい。

へ~

で、実はこの情報、
日本食レストランのご主人に聞いたとのこと。


やっぱし!
日本人なら、おいしい蕎麦食べたいし
日本食屋さんなら、なおさら
乾麺じゃない打ち立て蕎麦、食べさせたい!って
思うよね!

なんか、単純にうれしい。
その日本食魂(?)が。


上総一ノ宮店主は
ベトナム人にそばの打ち方教えてみたい!って
言ってたんだよね~

うまく、繋げられるかな~
まあ、可能性はゼロではないことが
わかったしね。


でも。

いろんな選択肢あるよね。
生きていく場所としてはさ。

どうせ苦労するなら
居心地がいいところが
いいかな~。


さてと。
タマゴ、あと2個。

どうやって食べようかなぁ・・・



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問ありがとうございます
プロフィール

コワタリ ユミコ

Author:コワタリ ユミコ
青森県出身。

まだまだ好奇心を
増やしたい。

増やした好奇心で
行動したい。

行動したら、感動したい。

感動したら、感謝したい。

そういう46歳で
ありたい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。