スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葬儀顛末記 第二章 ~夜明け~

「燃え尽きた、真っ白にな・・・」

矢吹ジョーではない。
父が息をひきとった翌日、午後8時くらいの私だ。


病院に葬儀屋Hさんが到着。
段取りはよくわからないから
すべて葬儀屋さんにお任せ。

看護師さんに連絡し
手際よく父も車に乗せてもらって
母を同乗させ、
死亡診断書はお父さんと一緒じゃないと!と
看護師さんに助言され、あわてて母に持たせ
寒い中、外までお見送りいただいた。

本当にお世話になりました。
ありがとうございました。


数日前の雪でかなり狭く、デコボコ道。
父と母を乗せた車両も大揺れしていることだろう。

数時間前、父危篤の連絡で
大慌てで、それでも事故らないよう走ってきた道。
まったく別の意味で
落ち着いて走っている帰路。
なんだか感慨深い。


無事、会館に到着。
もはや、真夜中すぎ。

安置の準備は既になされており
簡単なお部屋の使い方の説明をうけ
お泊りになるのであれば、ふとん(有料)も使えますから。
お帰りになるなら、鍵を必ずかけてください。
ろうそく、線香の火は必ず消してお帰りください。

えっ!こちらの会館には誰もいなくなるのですか?

はい。24時間常駐ではないので。
明日、8:30には通常のスタッフが参ります。
10:00から担当の者がお打合せで参りますので
よろしくお願いいたします。


むじんくん・・・




その日は、母と妹は家に帰り
私が番をすることに。

ご遺体をひとりぼっちにして帰られるご家族もあるらしい。
いや、怖いって。
死んでるけど、ご遺体ひとりは怖いって。


既に2時を過ぎ・・・


ん?丑三つ時?

出てきてくれるなら、むしろ出てきて欲しいですけど
お父さん!


とりあえず、長い線香の火を見つめる。


ふとんは有料か、と
ケチってそのまま畳に寝転ぶ。

眠った方がいいのだけど
全然、寝つけない。

暖房入ってるけど、あまり暖かくすると
ドライアイス溶けそうで
とりあえず、やや寒いまま。

父と横並びで寝るなんて
初めてだよ!

まあ、病室で付き添い泊まりの時は
いちおう、横並びか
いや、意識なかったしな~

って、今もないか・・・


結局、いろいろ考えてたら
夜があけてしまった・・・


まだ、この時点では
真っ白にはなっていない・・・


つづく

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問ありがとうございます
プロフィール

コワタリ ユミコ

Author:コワタリ ユミコ
青森県出身。

まだまだ好奇心を
増やしたい。

増やした好奇心で
行動したい。

行動したら、感動したい。

感動したら、感謝したい。

そういう46歳で
ありたい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。