スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北国育ち、、雪にびびる・・・

 さて、佐久のクアハススで一泊。部屋も広くって小躍りしたい気分にもなるが、お風呂に入ったら終日の運転で疲労したらしく、22:00には就寝・・・明日もそうとう、運転せねばならない。

 翌日、天気予報は前日の快晴とは全く異なる冬モヨウになるらしい、しかも日本海側は雪とも言っている。長野広し、、日本海よりの方に出発するため、早めに出ることに。

 午後のアポイントのキャンプ場へ向かう途中、何件かキャンプ場へ寄ってみようと思って下道を通るが、、カーナビの通りにいくと、閉鎖道路を選択してしまい、、どうがんばっても到着できず、路肩の積雪も増えてきたので、ムリはしまい・・と心に近い、とにかくアポイントのあるキャンプ場へ向かうことに、切り替えた。

 怪しげな雲行きと、外に出るとかなりの寒さ・・・。雪になるかも・・・。北国育ちだが、雪道運転はプロ級ではない。タイヤもスタッドレスが磨り減っているらしい噂も・・・。
 青木湖方面はスキー場もわんさか。平日だというのに、スキーヤーがガンガンスキーをしている。まさに、雪が降ってきている。まだ、粉雪だ。北国感覚で、積もりそうにない雪。だが、確実に外はマイナスなはず。夕方になると凍るかもしれない・・。

 無事、キャンプ場に到着し、小2時間ほどお話をさせていただき、そろそろ帰ろう、と思い表を見ると、雪、ちょっと多めになってる!いや、でもまだ、粉雪だ、大丈夫、大丈夫。
 お礼もそぞろに、とにかくインターチェンジまでをしっかり走ればどうにかなる!と己を奮起させている自分がむなしい。

 過去、免許とりたて高校生の頃、今は亡き祖父が、せっかく免許を取ったんだからと、親戚の家まで送ってくれと無謀な依頼をした際・・・。思いっきり一車線分しかない山道っぽい道を近道だから、と行ったが最後。ほぼ90°の角度の曲がり道で思いっきりすべらせ、りんご畑に突っ込んだ。スピードが出ていなかったのが幸いで、車も人も無事で、私も助手席の祖父も、心臓をバクバクさせただけだったが、帰りの迎えは、父親に電話で依頼がいき、それ以降、祖父は私が運転する車に乗ることはなかった・・。

 その約10年後。実家に戻っていた際、これも母方の親戚に母を送り家に戻る時。「農道」という信号が一個もないまっすぐな道を走っていたのだが、ついつい調子にのっていたのだろう。思いっきり後輪がスリップし、咄嗟に滑ったほうにハンドルをきったのも幸いして、二回転したあと進行方向を向いて、ガードレールに当たって車は止まった。・・・。対向車が来ていたらアウトだし、ガードレールがなかったら、崖から落ちていた。本当に幸いだが、私の心臓がバクバクしたくらいで、ガードレールにぶつかった部分もバンパーでうまく当たったのか、傷ひとつついていなかった。が、このことは恐くて、親には報告しなかった。

 という前科があるため、雪道は油断大敵!と己を信頼しないことにしている。が、粉雪は粉雪のまま降り続け、インターで東京方面へ向かって、ほっと一安心である。

 東京-青森 往復
 東京-山梨-長野-東京

地図で見ると結構な移動距離。アイドルというよりは、地方巡業する演歌歌手のような回り方か・・。

安全運転第一!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ケーコ★ さま
いえいえ、こちらこそ。ケーコ★も人生の長旅(?)、いってらっしゃい!

80yukiko さま
そう!本文には書かなかったけど、猿が出てきたんだよ~野生の猿だよ~。びびって、またお互い見つめあったりしてね・・・。えさを探してきたんかな~と思ってました。

kowaさん
先日はありがとうございました~
このような長旅の後だったのですね。

運転、気をつけてくださいね!(切実)

ほ~ら、やっぱり寅さんだ!行く先々でハプニングと伝説をつくるv-7。けっして一筋縄では行かない何かが、あるんですね~v-219
訪問ありがとうございます
プロフィール

コワタリ ユミコ

Author:コワタリ ユミコ
青森県出身。

まだまだ好奇心を
増やしたい。

増やした好奇心で
行動したい。

行動したら、感動したい。

感動したら、感謝したい。

そういう46歳で
ありたい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。