スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

縁あって「福井県」

※日本海側のお話が出ます。この度の能登半島地震での被災者のみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
 
 5月の話だからまだ先なのだが、
週末を使って山形から福井に移動しなくてはいけないことになった。

 国内であること、あとは同じ日本海側だし・・・と高をくくっていたが、調べてみると、なんと最低でも5時間以上かかってしまうらしい!ことが発覚。地方間の移動はそんなものなのだろうか?と考えてもみたが、いろいろ調べるにつけ、空港が遠い、新幹線が通っていない、高速道路も行き方を間違うと、死のドライブへまっしぐら!などの理由がすべて重なってしまったのが、今回の山形-福井間であるらしい。

 今は、交通手段と時間と金額で、比較検討中。
遠くて、近い・・・いや、近そうで、遠い県「福井県」なのである。
 
 「福井県」を調べてみると・・・
もっともうれしい情報は、今年の秋からのNHK連続テレビ小説で、福井県が舞台になるらしい。日本一の女流落語家を目指すヒロインが福井県出身で、しかもそのヒロインを務める女優さん(貫地谷しほりさん)も福井県出身らしい・・・と思ったら東京都出身。
 「ちりとてちん」という上方落語(江戸は「酢豆腐」)の演題からとったようだ。

 まあとにかくこの(NHKドラマの半年間の)機会に、県民いったいになって、福井県をめちゃくちゃ盛り上げていきたい!らしい。

 福井県といえば、確か「県民が感じる住み心地のよさ」が全国で1位だった県ではなかったか、と記憶する。それはすごいことだ。よその県の人が別に福井県をなんとも思っていなくっても、福井県民が「住みやすい」と思っていれば問題ないのだから。
 しかもそれを立証するかのように、福井県民の寿命は男女ともに全国2位らしい。よく見ると、平成12年度の順位だった。

 県民の気風、気質というのもあって、、
  「忍耐力がある」
  「温厚である」
  「勤勉である」
 というプラス面を県民は意識しているらしい・・・。

全部、福井県のホームページに載っている。

 福井県には、後輩の結婚式でいくのだから、めでたい福井県だ。しかも福井県同士のカップル。さらにめでたい!

 そのめでたさを、しっかり味わえるかどうかは、これからの山形からのルート選びにかかっている。少なくとも死のドライブコースは絶対、イヤだ!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

福井への最短ルート

最短かどうかはわかりませんが、
東京-名古屋(のぞみ)
名古屋-米原(ひかり)
米原-福井(特急しらさぎ)
ルートでした。4時間弱くらいだったと思います。

NoTitle

ちなみにどんなルートで行くのが最短ですか?
訪問ありがとうございます
プロフィール

コワタリ ユミコ

Author:コワタリ ユミコ
青森県出身。

まだまだ好奇心を
増やしたい。

増やした好奇心で
行動したい。

行動したら、感動したい。

感動したら、感謝したい。

そういう46歳で
ありたい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。