スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長瀞にて・・・その2

(前回からの続き)

こんなはずじゃぁなかったのに・・・。

そう、こんなはずじゃぁなかった。
もっと、スイスイ行っているイメージがあったのに、その時の私は、くるくる回っている。

同志達はもう随分、上流の方まで上っている。背中が小さい。先生がひとり、私に付き添って少し先にいる。

とりあえず、漕ぐことをやめる、と、下流に流され始める。かっ過酷だ。人生のようだと思って、また少しづつこぎ始める。

「ゆっくりでいいですから、のんびり行きましょう~」
先生の掛け声が、心に染み入る。

あせっても仕方ないか、と開き直ってみる。

そんな時、頭上から「ふぉーーーーーーーーー」と汽笛が。


 休日だからか、秩父鉄道のSL機関車が頭上高いところを走っている。汽笛が山々にこだまして、本当に別世界。同志達も見えなくなって、本当にひとりぼっち感が漂う。(※先生はすぐ近くにいたんだけど・・)「銀河鉄道999」などを思い出して、なんとなく気も沈む勢いだが、気は沈んでも、カヌーを沈ませるわけにはいかない。

 汽笛に励まされるように、また漕ぎ始めた。
随分と遅い到着の私を同志達は、拍手で迎えてくれた。「よくがんばったねー」「途中であきらめなくって、えらかったね」

感動したいところだが、どうも幼少扱いをされているようで、ちょっと顔がひきつけを起こすが、「遅くなってすみませんでした」と、社会人らしく、お詫びを言う。

1日目がやっと終了した。
その日の夜のことはあまり、記憶にない。爆睡したと思われる。

二日目。午前中のみ。再度、川で実践。その日は「沈」の練習。その言葉の通り、何かでうっかり、ひっくり返っちゃったりした際、自力で浮上する練習である。

・・・ムリである。うっかりひっくり返ることはできるかもしれないが、自分でひっくり返ることはできない。この講習は、希望者のみがやった。確か5人くらい。やる気満々のおっちゃん達がトライしている。
おっちゃん、スゴイヨ。
私は、とにかく、下流に流されないように、必死で流れの中で留まっていられるよう、チビチビオールをかくので精一杯。

崇拝していたハズの某椎名誠氏と会うことも、優雅にカヌー上でチキンラーメンを食べることも、全てはかない夢だった、と思いながら家路についた。

翌日、会社で「カヌーやってきたんだろう?どうだった?」の質問攻めに朝からあうが、ほにゃらら回答しかしていない、そしてその後、一度もカヌーの「カ」の字も出さなくなった。

そうとう後日談。
当事、崇拝していた某椎名誠氏は、現在も崇拝まではいかないものの、氏のエッセイが読みたくって毎週買っている週刊誌がある、程度には慕っている。

数年前、四国を旅した際、ある漁港で、某椎名氏とバッタリ出くわした!感激である!その辺のおとっつぁん達とは、違うオーラがやはり出ているのである。

カヌーの事を思い出した。そうだ、カヌーはこの人と会いたい!と思って始めたことだった・・。でも、ローマは一日にしてならず、そうカヌーだって二日でもならず!

でも、手段には失敗しても、目的は果たそう!
「すみません、握手してください!」

がし!っと握手をしてもらい、私の目的(?)は、およそ十年越しで達成されたことになる。長瀞ではなかったけれど。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

imano さま
面白く読んでいただいてありがとうございます。もしお読みでなければ、某週間文春の「風まかせ赤マント」を!

80yukiko さま
ご購読ありがとうございます!この二日間はトライ&エラーのエラーが強調されたトライでした。でも、また興味を持つかも・・・

me too

私も椎名さんのファンです。
面白かったです。

某椎名氏・・・私もファンです!でも握手してないしな。笑いながら、一気に完読しました!痛快v-237
訪問ありがとうございます
プロフィール

コワタリ ユミコ

Author:コワタリ ユミコ
青森県出身。

まだまだ好奇心を
増やしたい。

増やした好奇心で
行動したい。

行動したら、感動したい。

感動したら、感謝したい。

そういう46歳で
ありたい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。