スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビのない生活・・・その1

 うちにはテレビがない。
もう、かれこれテレビのない生活をはじめて8年目に突入した。結構、このネタは、皆に驚かれるが、すでに不便を感じていないので、なんともない。
 テレビがない、ということで『AERA』に取材され記事になったこともある。つまり、現代において「テレビがない」というのは普通ではないことらしい。
 困ることがない、というと「ホントに?」と聞かれるが、恐らく皆無だ。テレビの話をされてもついていけない訳だが、フテブテシイ大人になった今、こっちが萎縮する、というより、話しかけた先方の方が気を使って下さることが多い。

 巷では「地上デジタル放送」なるものが始まりつつあり、2011年目処にアナログ放送が完全終了するということでなにやら騒がしいが、テレビがそもそもない私にとっては、なんの影響もない。
 「ない」ということは「=不便」とも限らず、こまら「ない」ということでもある。
 そもそも、テレビがないことの発端は、再上京した時にさかのぼる。再就職先は決まったものの、手持ち金は少なく、新生活に揃える必要のあるもので購入する必要があるものに優先順位をつけた。その時、テレビは三番目。冷蔵庫・掃除機・テレビの順で、テレビは2ヶ月目のお給料が入ったら購入する計画を立てた。

 そうは言ってもオーディオ関係もない部屋では、少し寂しいと思い、ラジオだけは購入した。安い、ということもあったが、音がほしい、というのが理由だ。
 が、結果として、シゴトが忙しく部屋にいる時間がほとんどない、ということや、ラジオがあれば情報(ニュースなど)は結構入手できるということ、あとはネットのおかげもあって、2ヶ月目のお給料が入っても、テレビは買わないことに決めた。つまり、テレビがないことに、不自由さを感じなかった、ということである。

 で、そのとき振り返ったこと。
 現代社会においてテレビは一家に1台、いや複数台あっても当たり前だから、新生活を始める際、それほど深く考えずにテレビを買ってしまうが、「それは本当に必要なものなのか?」を深~く考えることをしてみると、案外、なくてもいいかも、とか。
 テレビの悪口を言うわけではないが、テレビって観なくてはいけないし、タイムテーブルも勝手に決まってるし、結構、拘束感の強いモノだな、とか。
 ラジオは、聴きながら、できることがたくさんあるしな、とか。
 恐らく、今までテレビでつぶしていた時間は、映画鑑賞と読書時間に変換されてるな、とか。

 アルことが当たり前のコトについて、立ち止まって、本当に必要かどうかを深~く考えることを始めると、余計なモノが減っていきそうな気がするのであるが・・・・。そういえば、同じようなことを考えたことがあったなぁ、あれは・・・。
 
 続きは次回に。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

通りすがり さま
コメントありがとうございました。
私もまだ、テレビのない生活続行中です。というか、買う意欲が全くないだけです。私も、案外テレビは、「拘束感」があるものだときづいたんです。TV関係の方には申し訳ないですが、たぶん買わないと思います・・・。

通りすがりの者ですが、、
私もテレビなし生活が2年経ちました。
どうしても必要になったら購入しようと思い、
結果私には必要なかったようで。。そのまま
ドラマも映画も観たい時はDVDをレンタルしてPCで観ています♪
実はテレビがない生活が始まってからの方が
時間を有効につかえている気がしています。
自分で足を運んで自分の目で見て
とにかく「自分で」考えることがぐっと増えました。
何かとまわりに流されがちだった私ですが、
自分を信じてモノを見分けるようになりましたよ。

80yukiko さま
お役に立てれば何よりです。ウチにはまだ、壊れそうで壊れない洗濯機(二層式?!16年モノ)と、壊れそうで壊れない目覚まし時計(ニュージーランドで購入?!11年モノ)と留守電にもならない、しかもあんまり鳴らない電話機(妹からのお古?!・・・恐らく10年以上モノ)など、盛りだくさんなラインナップになっています。少なくとも壊れるまでは使う予定。

ちなみにうちのTVは、画面が「12センチX15センチ」のとてもコンパクトなサイズです。入院したときに持ち込むような、そんなTVです。室内アンテナ用のカラーTVなのですが、なぜか白黒です(笑)。お陰さまで「無いとホントに困るもの!」というものを、考える機会をもらいました。

yurim さま
「知恵をしぼる」機会が多いほうがいいのかも?なんとなく、流されるのがきっとよくないのかもですね。

偶然、私も同じ様な事を考えていました。
あれば便利だけれど、無ければ無いで人間は知恵を絞ります。
物があふれてる今だからこそ、自分に何が必要なのか必要でないのかを見極めないと、物に振り回されてしまいますよね。
訪問ありがとうございます
プロフィール

コワタリ ユミコ

Author:コワタリ ユミコ
青森県出身。

まだまだ好奇心を
増やしたい。

増やした好奇心で
行動したい。

行動したら、感動したい。

感動したら、感謝したい。

そういう46歳で
ありたい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。