スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体育の日が8日かぁ~

 秋雨前線真っ只中である。
今日は「体育の日」でお休み。国民の休日で、しかも3連休。でも、8日である。

 今日は区のマラソン大会で、さっきからマンション前の通りを、雨にも負けず大勢の人が走っている。あいにくの雨で大変だなー、と思いつつ、みんなシュタシュタ走っている。秋晴れであれば、また走る気持ちも、ましてや自分に負けそうになる気持ちも、すっ飛ばせそうな気もするが・・・傍観者の私が言えるのは、風邪ひかないようにね!
 昭和育ちの私には、やっぱり体育の日は10月10日だ。
週休2日制でもなかったし、連休なんてそんなになかった。だから、国民の休日は貴重で、しかもうれしかった。

 5日間授業で1日でも中休みがあったら、ばんばんざい!

 体育の日に運動会をやる学校は多いだろうが、北国は冬入り前の農繁期(収穫とか、稲刈りとか)に運動会などやれないから、6月頃にやっていたと思う。まあ、梅雨っちゃあ梅雨だったが、そういう地域の生活スタイルに合わせた学校行事だった。

 どうしてそんな法案が通っているのか、もっと通さなくてはいけない案件はありそうなものだが、「ゆとり教育」「連休たくさん作ろう法案」がすんなりあっさり現在に浸透してきた。

 興味を持たなくってもいろんな声は聞こえてくる。
「ゆとり教育の弊害」は目立つところだ。企業が週休2日制になったことを受け、子ども達も親と接する時間をの主旨も踏まえ、同じように、、、でも週休2日制になったって、2日きっちり休み始めた親達は少なかろう。当たり前だ。シゴトの中身は変わっていないのだから。

 子どもだって一緒だ。休みを2日にしたことで、1日の時間割が6時間になったとか、道徳とかの時間が割愛されるとか、結局、ゆとりをもたらすための制度は、さらにゆとりを無くす制度に変わった。特に教師達の。

 もちろん、全てがそうじゃない。週休2日制で、親子でいる時間が増え、よい関係が築けるようになったこともあるかもしれない。が・・・。

 悲観しているわけではない。悪いことばかりではない、とも。

 ただ、きっとこういう風にした方が国民は喜ぶだろう、もっと良くなるだろう、のネタとしては、連休をたくさん作るより、優先順位をあげるべきネタがもっとあるのではないか?と。

 10月10日は確か、ずーっと晴れ。ほとんど雨にならない日らしい。昔、聞いたことがある。だから「体育の日」にし、秋晴れの中、運動会で家族がわっしょいしている光景が北国は除かれるが、そこかしこで見られたハズ。

 昔の人のすることは、かなり考えられた意味があったと、最近、富に思う。






 
























 




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

imano さま
コメントありがとうございます。最近、こんなことが多いような気がするのは、気のせいかもしれませんが・・・

同感

同感ですね。

連休にしたら皆喜ぶやろ、っていう単純かつさもしい発想は笑うしかないですね。

祝日は一定でないと、その趣旨はまったく伝わらなくなりますよね。

こうして物事の「本来の趣旨」というものが形骸化していくんですね。

まったくもって・・・

80yukiko さま
いや、いつになく、というかいつもというか私はえらい人たちのやる事に、イマイチ「ふーーん、なるほどねー」と思えないのですね。独りよがりなんじゃない!って。現場とは随分かけ離れた法案は多いと思ってしまうんだよねー。
まあ、暮らしが違うからしゃーないか!

NoTitle

ゆとり教育の弊害は色んなところに表れていると、あちらこちらから耳にしますが・・・休みが多い=ゆとりが多い・・・ではないと、私は思います。

ゆとりの概念は人それぞれ色々あるんだろうけど、休みが少なくてもゆとりある人もいれば、休みが多くて焦っている人もいます(笑)。
「そんなもんじゃ、ないだろっ」って言ってる自分がいます v-42
訪問ありがとうございます
プロフィール

コワタリ ユミコ

Author:コワタリ ユミコ
青森県出身。

まだまだ好奇心を
増やしたい。

増やした好奇心で
行動したい。

行動したら、感動したい。

感動したら、感謝したい。

そういう46歳で
ありたい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。