スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先輩の命日に

 今日は、以前一緒に働いていた先輩の命日。

私より一年先輩だった。ちょうど二年前に亡くなられた。

お葬式に参列するのは、もちろんそれまで何度もある。それでも、お焼香はしても、そのお顔を拝見するのは、実は随分なかったなあ・・と先輩の葬儀の際実感したことだ。後輩のひとりとして葬儀のお手伝いをしたからなのだが、もう息をしていない先輩の顔はとっても、穏やかだったし、眠っているようだった。


死に顔を見たのはたぶん、小学校一年か二年の頃だったと思う。
母方の祖父が亡くなった時。時代も地域性もあるだろうが、自宅で亡くなった。
たぶん老衰だったと思うが、小さいながらもその亡くなった祖父の口に死に水をやったり、脇ではおばさんのひとりがワンワン泣いていたこと、祖父は寝ているようにしか見えなかったことを今でも覚えている。自宅での葬儀なので、亡骸ももちろん自宅に置かれたままで従兄弟達と「幽霊になる~」などいって、互いに怖がったりしたりもした。

その祖父には、歯にまつわる記憶がある。
泊まる予定はなかったが泊まることになった際、ハミガキをするのに、塩で磨けばいいのっさ」と言われた、しょっぱい思い出。

生え変わる前の歯がグラグラしている!と言ったら、「痛くないように抜いてやる」と言われたが、方法は糸をまいて祖父が引っ張るという痛くなかったような気もする思い出。

妹が生まれた頃、母は実家に戻っていて、通学は私も母の実家にバス通学。帰りはいつもバス停まで迎えに来てくれたのも祖父。(だったと思う・・)

幼少の頃の感情的な記憶が乏しい私には、場面場面の出来事としての記憶がいくつかあるだけ。

先輩とは、感情記憶もまっさかりな頃、一緒に働いたわけで。一番記憶にあるのは、内定者時代、会社見学のグループの担当先輩だったこと。初めて会う同期達に緊張し、無口になっている我々に、大げさなニッコリ笑顔で「お菓子どんどん食べて!」とか「質問はいつでも、すぐにしてくれればいいから!」とか言ってくれたことで、優しい先輩、というよりその大げさなニッコリ笑顔が怖かった記憶があり、入社後、同じ部署だと知ったときには、「ぎょっ、あの怖い笑顔の人だ」と思ったものだ。

その先輩にはよく、査定の時期になると「おまえ、何点だった?」と聞かれ「いやですよ、教えませんよ」というと「不満があるなら、ちゃんと上司に文句言ったほうがいいぞ」とステキなアドバイスをもらったり、空いている時間(?)に、よく遊んでもらった。

朝寝坊の常習犯で、もうひとりの私の同期と交互に、寮の管理人さんに電話して起こしてもらったり、結婚されたら、驚くほど性格が丸くなって、結婚式のお手伝いを少ししたら「ありがとうな」と、同じ部署の時には言ってもらえなかったお礼を言えたりする、なんだか憎めない人だった。

最後になってしまった、お見舞いに行った時も、腹水が既に貯まった最悪の状態だったと思うが、起き上がって、イスを勧めたり、帰りもエレベーターホールまで、点滴を下げて見送りに来てくれる、実は気を使える繊細な人でもあった。

もう、あのうそ臭いおおげさな笑顔も、大きな笑い声も、見れないし聞けないのだな、とシミジミ考えると涙が出そうにもなるが、先輩にまけないくらい、うそ臭いおおげさな笑顔をしてみたり、大きな声で笑ってみたりしていきたいと思う。

あの世はどうですか?聞けるものなら、聞いてみたい。
きっと大げさな声と笑顔で話してくれそうな気がする。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

80yukiko さま
そうだね、「未来飛行」だったね・・・。ややトラウマな人もいるらしいが・・・。今年の紅白に米米CLUBがでるらしいしからね。また思い出すかもね。

米米クラブの歌・・・思い出します

その先輩との思い出を思い出すときは、未来飛行という曲を思い出します。ある大きなプロジェクトを推進しているとき、いつもその先輩は、テーマソング代りに毎日大音量でかけていたような。乱暴で、繊細で、優しくて、こわ面白い先輩だったな。

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/mipurofi/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。
訪問ありがとうございます
プロフィール

コワタリ ユミコ

Author:コワタリ ユミコ
青森県出身。

まだまだ好奇心を
増やしたい。

増やした好奇心で
行動したい。

行動したら、感動したい。

感動したら、感謝したい。

そういう46歳で
ありたい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。